ペメトレキセド(アリムタ)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
ペメトレキセド アリムタ -
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、非小細胞肺がんの治療
代表的な副作用 骨髄抑制・発疹・下痢・脱毛・口内炎など
適応されるがんの種類 非小細胞肺がん・悪性胸膜中皮腫

ペメトレキセドの働きと効果・効能

ペメトレキセドは、代謝拮抗薬の中でも「葉酸拮抗薬」に分類される抗がん剤です。日本イーライリリー社から「アリムタ」という点滴薬として販売されており、点滴静注によって投与されます。

ペメトレキセドは、DNAの合成に必要な材料である「葉酸」に似せた薬です。投与すると葉酸と間違って体内に取り込まれ、DNA合成にまわされますが、あくまで偽物であるため葉酸の正常な代謝が阻害されます。

その結果、がん細胞はうまく分裂できなくなり死滅に追い込まれるという仕組みです。

同じ葉酸拮抗薬の「メトトレキサート」が1つの葉酸代謝経路を阻害するのに対し、ペメトレキセドは複数の経路を阻害するため、より強力な抗悪性腫瘍効果を発揮します。

適応となるのは非小細胞肺がんと、アスベスト曝露などによる悪性胸膜中皮腫です。特に悪性胸膜中皮腫に対して有効性が認められた薬は、ペメトレキセドが世界初とされています。

投与時間が短い上、21日おきに行うスケジュールのため、外来治療も可能な薬です。

ただし正常な細胞での葉酸代謝経路も阻害してしまう薬ですので、葉酸とビタミンB12(いずれも赤血球の正常な合成を助ける成分)の投与は必須となっています。またシスプラチンとの併用療法が行われる場合もあります。

ペメトレキセドの副作用

骨髄抑制

ペメトレキセドの副作用としては、骨髄抑制消化器症状皮膚症状などが代表的です。

これらの副作用を軽減させるために、ペメトレキセドの治療を開始する7日以上前から、葉酸とビタミンB12を投与します。

また発疹などの皮膚症状を抑える目的で、事前に「デキサメタゾン」というステロイド薬も使われます。

その他、発熱や脱毛が起こる可能性があるほか、シスプラチンとの併用療法の場合は、シスプラチンの副作用にも注意が必要です。

ペメトレキセドは腎臓で代謝される薬ですので、腎機能が低下している患者さんへの投与は慎重に行われます。また催奇形性があるため、妊婦への投与は禁忌とされています。

ペメトレキセドによる治療方法

ペメトレキセドは、悪性胸膜中皮腫の世界初の治療薬として、欧米では2004年から、日本でも2007年から使用が開始されました。その後、切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌にも有効であることが認められました。

ペメトレキセドによる治療方法について解説しています。

ペメトレキセドによる悪性胸膜中皮腫の治療

悪性胸膜中皮腫は、肺を包んでいる胸膜の表面を覆っている中皮に腫瘍ができるもので、悪性腫瘍のひとつです。原因はアスベストが関与していることがわかっています。

悪性胸膜中皮症は、一ヵ所に留まっているものや、反対側の肺の胸膜、心臓を包む心膜、腹膜や他の臓器などに転移することもあります。

ペメトレキセドが使用できるようになる以前は、悪性胸膜中皮腫の治療薬はありませんでした。

現在、日本で悪性胸膜中皮腫に対する標準的な治療は、ペメトレキセドとシスプラチンの併用療法のみです。

欧米を含め、日本でも、ペメトレキセドと他の抗がん剤との組み合わせや、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、遺伝子治療など、さまざまな臨床試験が進んでいます。

ペメトレキセドとシスプラチンの併用療法

ペメトレキセドとシスプラチンの用量は、年齢や症状などによって減量することはありますが、基本的には、患者さんの体重と身長から算出した体表面積によって決められます。

ペメトレキセドとシスプラチンによる治療を開始する1日目に、まず、副作用を軽減する吐き気止めや副腎皮質ステロイドを投与し、その後ペメトレキセドを10分間かけて点滴投与します。

ペメトレキセド投与終了30分後からシスプラチンを2時間かけて点滴投与します。2日目以降20日間は休薬とし、これを1クールとして、患者さんの状態をみながら治療サイクルを繰り返します。

ペメトレキセドによる非小細胞肺癌の治療

肺癌には、非小細胞肺癌と小細胞肺癌があります。さらに、非小細胞肺癌は、扁平上皮癌、大細胞癌、腺癌に分類されます。

ペメトレキセドは、このうち扁平上皮癌以外の非扁平上皮癌で、既に進行して手術が出来ないまたは再発の肺がんに対して使用します。

ペメトレキセドによる肺癌の治療は、副作用を軽減する吐き気止めや副腎皮質ステロイドを投与し、その後ペメトレキセドを10分間かけて点滴投与します。

3週間に1回を1クールとして、患者さんの状態をみながら治療を繰り返します。点滴の時間が短いため、外来で治療を受けることができ、患者さんの日常生活の負担が少ない治療法です。

癌は2人に1人かかる病気と言われています。特に肺癌にかかる方は、2014年の国立がん研究センターがん対策情報センターの報告では、男性では胃癌に次ぐ2位、女性では第4位となっています。

ペメトレキセドのように外来で化学療法を受けることが出来ることは、がんとの共生が言われる中で、有用な治療法です。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る