ビンクリスチン(オンコビン)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
ビンクリスチン オンコビン VCR
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、白血病や悪性リンパ腫の治療
代表的な副作用 神経毒性・骨髄抑制・難聴・便秘など
適応されるがんの種類 白血病・悪性リンパ腫・小児腫瘍・多発性骨髄腫・子宮頸がんなど

ビンクリスチンの働きと効果・効能

ビンクリスチンは、「微小管阻害薬」に分類される抗がん剤の1つです。日本化薬から「オンコビン」という注射薬として販売されており、静脈注射によって投与されます。

ビンクリスチンは、「ツルニチニチソウ」という植物から抽出された成分を使った植物アルカロイドの1つです。細胞分裂に欠かせない「微小管」を阻害します。

微小管とは、チューブリンというタンパク質から構成される小さな束状の組織で、DNAの複製の際に「紡錘糸」を形成する重要な役割を持つものです。

コピーされたDNAは、紡錘糸に引っ張られるようにして両極に分かれ、これによって細胞が2つに分裂します。ですからビンクリスチンで微小管を阻害することで、がん細胞の正常な分裂を妨げることが可能です。

白血病悪性リンパ腫多発性骨髄腫などの血液の悪性腫瘍に多く用いられています。

たとえば多発性骨髄腫では、ドキソルビシンデキサメタゾンと併用する「VAD療法」が、非ホジキンリンパ腫ではリツキシマブとドキソルビシン、シクロホスファミドプレドニゾロンと併用する「R-CHOP療法」が標準治療となっています。

また神経芽腫やウィルムス腫瘍などの小児がんに対しても活用されています。

ビンクリスチンの副作用

しびれ

ビンクリスチンの副作用としては、神経毒性が特徴的です。これは微小管阻害薬が、神経細胞内の微小管も阻害してしまうために起こります。

最初はしびれなどの感覚障害から始まり、しだいに疼痛機能障害へとつながっていきます。

特に投与量が増えるにしたがって重症化していきますので、状態に応じて減量や休薬などの処置が必要です。

また投与後7~11日ほどで骨髄抑制がピークを迎えるため、感染症や出血症状に注意します。さらに白金製剤との併用によって難聴が見られることがあるほか、マイトマイシンCとの併用では呼吸困難や気管支けいれんが起こる場合があるため注意が必要です。

その他、投与中のアレルギー反応や、意識障害、また狭心症などの副作用も報告されています。便秘も起こしやすい薬ですので、十分な水分と食物繊維を摂取することが大切です。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る