がん免疫細胞療法のきほん

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.3.9

免疫療法クリニックなどで行われている免疫療法は、保険が効かずエビデンス(科学的根拠)が確立されておらず、問題のあるものも多くありますので、検討にあたっては事前に主治医に相談しましょう!こちらの書籍を読むことをお勧め致します。⇒ 医療否定本の嘘 ・「抗がん剤は効かない」の罪(著)勝俣 範之

がんの三大療法は外科療法・化学療法・放射線療法ですが、現在新しい治療法として世界の医学界が注目しているのが「免疫細胞療法」です。

よく混同されるのが「免疫療法」ですが、現在免疫療法と呼ばれるものは免疫チェックポイント阻害などの PD-1抗体等のことを言いますので、「免疫細胞療法」とは全く別物です。

横行するがんビジネス、免疫細胞療法クリニックに気を付けろ!

がんの治療は、「手術・化学療法(抗がん剤)・放射線療法」が3大治療と呼ばれていますが、今後第4の治療法になることが期待されているのが「免疫療法」です。

免疫療法とは、一言でいえば「患者さん自身の免疫力を強化させて、がんと効率よく戦える体にするための治療」になりま...

続きを読む

インチキ(トンデモ)医療と正しい医療の違い、見分け方

病気にかかった際、どのような治療を選ぶかは最終的に患者さんが決定します。

日本では幸か不幸か、一定の効果が認められている「標準治療」のほかに、保険のきかない「代替医療」と呼ばれる治療を行なう医療機関が多いため、患者さんが選択に迷ってしまうことも多いようです。

特にがんは、代替医療が多い病気の代表です。本来であれば、きち...

続きを読む

最近多いがんの免疫細胞療法クリニックは本当に効果はあるの?

手術・化学療法・放射線療法に次ぐ「第4のがん治療」として期待されている免疫療法。

特に末期がんの患者さんは、わらにもすがる思いで試してみたい気持ちになると思います。

実際、最近はがんの免疫細胞療法を専門とするクリニックが国内に急増しており、病院から見放された患者さんにも温かく手を差し伸...

続きを読む

なぜ医師がエビデンスがない怪しい免疫細胞療法クリニックで働くのか?

免疫細胞療法は、科学的なエビデンスが確立されていない研究段階の治療法です。

そのような治療を高額な費用をとって、がんという命にかかわる病気に侵されている患者さんに行なうことは、倫理的に問題があるという見方もあります...

続きを読む

基礎知識

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る