がんに関わる用語集

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

※ 【あいうえお順】で掲載しております。英文字の場合はひらがな読みでまとめています。

スポンサーリンク

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

がんが見つかった場合、病気の詳しい内容や治療法、また、がんに関する制度などを調べる機会があると思います。しかし、がんの専門用語は非常に多岐にわたっており、また医学的な用語も多く一読して分かりにくいものも少なくないでしょう。

そこで、当サイトではがんに関する用語をあいうえお順で1つずつリンク先にて詳細を解説しております。その概要については以下の通りです。

病状に関すること

がんには様々な症状があり、また、がんの進行を示す用語もあります。「悪性腫瘍」はがんに関する用語でも頻繁に使われる用語であり、いわゆる「がん」そのものを指します。

その他、「黄疸」や「圧迫痛」などの症状に関するもの、「転移」や「病期」など進行に関わる用語など数多くあります。

検査、診断に関すること

がんを調べるには様々な検査方法が用いられ、その代表的なものに「X線検査(レントゲン検査)」や「超音波検査(エコー) 」などがあり、最新の検査方法である「PET検査(陽電子放射断層法)」なども活用されます。

それぞれの検査内容や診断内容には専門用語が多く含まれており、それらの多くを用語集の中でまとめています。また、検査や診断においてしばしば触れられる「5年生存率」といった用語も当サイトで詳しく解説しています。

治療に関すること

がんの三大療法として「外科療法(外科手術)」「放射線療法」「化学療法」が挙げられ、その具体的な内容について用語集の中で解説しています。

また、患者さんの年齢、体質、がんの病状に応じて様々な治療法が検討され、標準的な治療法のみならず「重粒子線がん治療」や「ラジオ波焼灼術(RFA)」といった先端治療についても患者さんの経済的負担に応じて勧められることがあります。

その他、数多くの治療法が存在し、「副作用」に関することも含めて治療全般の用語を当サイトで紹介しています。

サポートや制度に関すること

がんの治療では治療費が高額になるのではないかという、経済的な心配が出てくることがしばしばあります。

高額になっても「高額療養費制度」で経済的なサポートを受けることができ、また日頃から「がん保険」を利用するのもひとつの方法です。それら制度についても用語集にまとめています。

また、がんが進行した場合は、がんの治療そのものだけでなく、身体上の痛みや精神的な苦しみをケアする「緩和ケア」が行われ、患者さんの生活の質を向上する様々なサポートが行われます。そのようなサポートにて用いられる数々の用語も紹介しています。

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る