がんの治療法

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

内視鏡治療

現在のがん治療は、日進月歩で進歩しています。

がんの治療法は外科療法・化学療法(抗がん剤)・放射線療法といった三大療法が有名ですが、それ以外にも、レーザー療法や免疫療法、ホルモン療法などさまざまあります。

こちらのページでは、がんの三大療法や最新治療法、今後期待されている治療法などの記事を掲載しております。

がんの治療法には三大療法と呼ばれるものがあります。外科療法、放射線療法、化学療法の3つの治療法がそれにあたります。がんの種類や進行度に応じて様々な治療法が検討されますが、基本は上記の三大療法を中心に治療が進められます。

外科療法は、がんの病巣を物理的に切除する方法で最も効果的な治療法と言われています。放射線療法は、病巣部位にX線などの放射線を照射することでがん細胞を死滅させます。化学療法では、抗がん剤を投与し、薬剤の作用によってがん細胞を死滅または減少させます。

また、近年では三大療法に加えて第四の治療法も注目を集めてきました。それが、免疫療法と呼ばれる治療法です。免疫療法は、身体が元々有している免疫力を増強することによってがん細胞を駆逐する治療法で、三大療法と比較して副作用が少ないことが特徴です。

上記の他に、以下の治療法が病状に応じて検討されます。

レーザー療法

内視鏡の先からレーザー光線を照射することでがん細胞を焼き切ります。開腹手術よりも身体への負担が軽いことがメリットです。

温熱療法

がん細胞は熱に弱いという性質を利用して、身体全体または一部を加熱することでがん細胞を弱体化させます。

ホルモン療法

乳がん、子宮がん、前立腺がんのように特定のホルモンによって引き起こされるがんに対して有効です。原因となるホルモン分泌を抑える薬剤を投与します。

凍結療法

がん細胞を凍結させて壊死に至らす治療法です。死滅したがん細胞は時間の経過とともに身体から排除されます。

支持療法

病気に対する直接の治療法ではなく、がん患者が抱える精神的、身体的苦痛を和らげる療法です。患者の方々の生活の質を維持・改善することが目的となります。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る