がんの治療法

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.4.11

内視鏡治療

現在のがん治療は、日進月歩で進歩しています。

がんの治療法は外科療法・化学療法(抗がん剤)・放射線療法といった三大療法が有名ですが、それ以外にも、レーザー療法や免疫療法、ホルモン療法などさまざまあります。

こちらのページでは、がんの三大療法や最新治療法、今後期待されている治療法などの記事を掲載しております。

がんの治療を拒否するという選択肢の問題点

最近、著名人のがんのニュースがよく取り上げられています。

運良く早期発見できて手術ができ、無事に仕事に復帰している方もいれば、残念ながらお亡くなりになってしまった方もいますが、最近気になるのが「治療を拒否した方々」の話です。

たとえば、アップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズ氏や、国内では女優の川島なお美さんなどは、最初手術を...

続きを読む

放射線治療の適応・有効ながん種

放射線療法は、脳腫瘍から骨盤内臓器にできるがんまで、さまざまながん種が適応となります。

一方で、あまり効き目の良くないがんがあるのも事実です。放射線療法は、がん細胞の細胞分裂のタイミングを狙って行なう治療のため、一般的には細胞分裂の頻度が高いがんほど放射線療法の効き目は良いとい...

続きを読む

放射線治療による後遺症や副作用

抗がん剤に比べると安全性の高いイメージのある放射線療法ですが、放射線は正常な細胞にも多少のダメージを与えてしまうため、実際はさまざまな後遺症や副作用が起こる可能性があります。

放射線療法の副作用は、治療中~治療直後にすぐに現れるものと、数ヵ月~数年たってから現れるものがある点が特徴です。人によっては忘...

続きを読む

がん細胞が1日で消滅!?近赤外線を利用した画期的な治療法

国内外では日々、がんの最新治療の研究が進められています。

そんな中、2011年に米国国立がん研究所(NCI)で主任研究員を務める小林久隆氏の研究グループが、新たな治療法を開発しました。それが、近赤外線を使った「光免疫療法(近赤外線免疫療法)」というもの...

続きを読む

がんの治療法には三大療法と呼ばれるものがあります。外科療法、放射線療法、化学療法の3つの治療法がそれにあたります。がんの種類や進行度に応じて様々な治療法が検討されますが、基本は上記の三大療法を中心に治療が進められます。

外科療法は、がんの病巣を物理的に切除する方法で最も効果的な治療法と言われています。放射線療法は、病巣部位にX線などの放射線を照射することでがん細胞を死滅させます。化学療法では、抗がん剤を投与し、薬剤の作用によってがん細胞を死滅または減少させます。

また、近年では三大療法に加えて第四の治療法も注目を集めてきました。それが、免疫療法と呼ばれる治療法です。免疫療法は、身体が元々有している免疫力を増強することによってがん細胞を駆逐する治療法で、三大療法と比較して副作用が少ないことが特徴です。

上記の他に、以下の治療法が病状に応じて検討されます。

レーザー療法

内視鏡の先からレーザー光線を照射することでがん細胞を焼き切ります。開腹手術よりも身体への負担が軽いことがメリットです。

温熱療法

がん細胞は熱に弱いという性質を利用して、身体全体または一部を加熱することでがん細胞を弱体化させます。

ホルモン療法

乳がん、子宮がん、前立腺がんのように特定のホルモンによって引き起こされるがんに対して有効です。原因となるホルモン分泌を抑える薬剤を投与します。

凍結療法

がん細胞を凍結させて壊死に至らす治療法です。死滅したがん細胞は時間の経過とともに身体から排除されます。

支持療法

病気に対する直接の治療法ではなく、がん患者が抱える精神的、身体的苦痛を和らげる療法です。患者の方々の生活の質を維持・改善することが目的となります。

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

定番のがん保険2社をご紹介しておきます。

※別冊「2017 ベスト&ワースト保険"実名"ランキング」宝島社の順位

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る