がん治療の進め方

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

相談

詳しい精密検査の結果発見された腫瘍が悪性であった場合は「がん」であると診断され、すぐに治療が開始されます。

がんは他の病気と違い放っておくと腫瘍が大きくなったり別の場所に転移したりしますので、早急な対応が必要なのです。

こちらのページでは、がんの治療の進め方にまつわる記事を掲載しております。

現代の医療現場では、医師が患者さんに正しい情報を伝え、そして医師と患者さんとの合意のもとで治療が進められます。それが、インフォームド・コンセントと呼ばれる考え方です。

インフォームド・コンセントを遵守した診療になるため、検査の結果、がんが発生した場合は医師から病名を告知されるのが一般的です。

また、医師の診断や治療方針に疑問がある場合は、第三者の専門医に意見を聞くセカンド・オピニオンによって納得のできる治療方針を患者さん自身が受け入れることが出来ます。

がんの治療においては、生活の質(Quality of Life=QOL)を重視した治療法が選択されます。そのため、例えば、医学的には広範囲に切除したほうが良い場合でも、患者さんの生活の質を優先するためにはあえて別のやり方の治療も選択することができます。

末期がんのような終末期においても、患者さんの精神的、身体的苦痛を取り除いて生活の質を改善するよう医療行為が行われます。

がん治療は入院治療と外来治療があります。従来のがん治療は入院することが一般的でしたが、現代は抗がん剤が進歩してきたため、社会生活を送りながら、また経済的負担もあまりかけることなく外来で化学療法を受けられるようになりました。

ただし、抗がん剤が進歩したとはいえ、副作用を100%抑えることはまだ難しく、そのため抗がん剤の副作用が強く出始めた場合は、すぐに主治医に相談することが重要です。

末期がんの患者さんの場合は、どのような治療法を用いても完治させることが難しいケースが多々有ります。その場合は、がんそのものの治療の他に、がんによる精神的苦痛や身体的な痛みを取り除くよう、精神科医や臨床心理士等の専門家による緩和ケアが行われます。

なお、標準的な治療で効果が見られない場合は、臨床試験に参加して最新の治療法を試みることもできます。ただし、まだ試験段階の治療であるため、強い副作用が出る可能性もあることは留意することが必要です。

がんの治療は一般に上記の方法で進められ、現代の医学によって完治させることも可能になっています。しかし、その後は再発することもあり、特に治療後5年間は要注意とされています。

がんの再発予防のためには、術後補助治療として化学療法や放射線療法が行われ、さらに患者さん自身が生活習慣を規則正しいものに変えていくことが大切です。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る