がんについてよくある疑問

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

疑問

がんは非常に多くの種類があり、治療法や病状など、さまざまな疑問が生まれます。

またがんの治療をするために入院や通院をした場合の治療費などのお金の面も心配です。

こちらのページでは、がんにまつわるよくある質問や疑問について、わかりやすく解説しております。

がんの治療を受けるにあたり、治療方法や治療費等について、または、がんという病気の特徴そのものについて様々なことが疑問に持たれるかもしれません。そこで、当サイトではがんに関する様々な情報を提供しております。

がんの治療は一般に標準医療と呼ばれる方法で治療が進められます。医療とは科学的に安全性や有効性が認められた最良の治療法と定義されています。

また、標準医療は全国どこの病院でも同等の治療を受けることができるとされています。がんの治療方針は、がんの種類、進行度、病状、がん細胞の分化度(悪性度を示す目安)等を総合的に判断して決められます。

もし、がんの悪性度が高ければ余命宣告を受ける場合もありますが、余命宣告は5年生存率や医師の経験から推測されるもので、必ずしも当たるわけではなく、むしろ余命を短めに宣言する場合もしばしば見られます。

自分が受けるがん治療についてより詳しく知りたい場合は、医師向けの治療マニュアルである「診療ガイドライン」を閲覧することも1つの方法です。

主治医の治療方針に納得がいかない場合はセカンド・オピニオンを求めることが出来ますが、その際に診療ガイドラインを参照するとお役に立つでしょう。

がんの治療は最新の設備が整っている大きな医療機関で受けるケースが多くありますが、通院が困難である場合は連携を取っている近所の病院にて薬をもらうことや簡単な検査を受けることができます。

また、近年では抗がん剤の技術が進歩したため、化学療法を通院で受けることも可能になっており、患者さんの治療かかわる負担を以前よりは軽減させることが可能になってきました。

がんの治療法の他、患者さんにとって気になるのが費用についてです。がん治療には高度な治療技術や診断装置を使用することから高額になると思われがちですが、標準医療の場合は保険適用であるため治療費が3割負担で済みます。

それでも治療終了までは支払う金額が多額になることがあり、その場合は高額療養費制度を活用することも出来ます。

ただし、先進医療など保険適用外の場合は全額が自己負担になり、その場合は相応の金額を準備する必要があります。もし、費用面で心配がある場合は、先立ってがん保険に加入するという方法もあります。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る