がん治験(臨床試験)のきほん

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.4.14

がんの最新治療法を試みる治験

がんの治療ではさまざまな種類の薬を用いますが、その中でも主力となるのが"抗がん剤"です。

抗がん剤にはさまざまな種類があり、ほぼすべてのがんの治療に用いられます。しかし標準的な治療で効果がない場合や、他の治療をしても効果が薄い場合は、最新の治療法を試みる手段と...

続きを読む

治験(臨床試験)とは

がんについて調べていると、「治験」という言葉を目にすることがあると思います。もしくは、病院などでも治験の参加者を募るポスターを見かけたことがある人もいるかもしれませんね。

治験(臨床試験)とは、新しい薬や治療法の効果や安全性を確認するために行なわれる試験のことです。

現在販売されている薬や、病院で行なわれている...

続きを読む

治験(臨床試験)のメリット・デメリット

治験を受けることには、メリットとデメリットの両方があります。

最大のメリットは、少ない費用負担で最新の優れた治療を受けられる可能性がある、ということです。特に、ほかの治療をやり尽してしまったがん患者さんにとっては、治験が一るの望みになる場合もあります。

逆にデメリットとしては、思わぬ副作用が現れるかも...

続きを読む

治験(臨床試験)は人体実験?よくある誤解とその回答

治験(臨床試験)と聞くと、「試験」という言葉の響きから人体実験のようなものをイメージされる方も多いかもしれません。

確かに、治験は新しい治療の効果や安全性を確認するために行なわれる試験です。しかし、そのような大切な試験であるからこそ、被験者の安全を第一に考えて慎重に行なわれています。

もちろん、副作用や合併症などのリスクはどんな治療...

続きを読む

治験(臨床試験)で死亡!?危険?安全?

「治験への参加を考えているけれど、過去に死亡事故が起きたという話もあるみたいだからやっぱり怖い…」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、治験による死亡事故は少ないながらも国内外で報告があります。とはいえ、どのような治療にも重篤な副作用や合併症のリスクはあるため、治験だけが特別危険というわけではありませんし、治...

続きを読む

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る