悪性黒色腫(メラノーマ)の基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

「悪性黒色腫(メラノーマ)」について
皮膚がんの1種ですが進行が早く、転移や再発しやすい悪性度が高いがんとして知られています。足裏、目、爪の中など全身どこにでもできる可能性があります。

スポンサーリンク

悪性黒色腫(メラノーマ)の基礎知識

悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚がんの一つです。皮膚の中にある「色素細胞(メラノサイト)」や、ほくろ(母斑細胞)から発生します。

日本人の罹患率はそれほど高くはありませんが、皮膚がんの中でも悪性黒色腫はリンパ節転移しやすく、悪性度が高い点が特......

続きを読む →

悪性黒色腫(メラノーマ)の原因

悪性黒色腫(メラノーマ)の発生原因は、まだ完全には解明されていませんが、いくつかのリスクファクターは分かっています。国際的にみて、もっとも因果関係が強いと考えられているのは......

続きを読む →

悪性黒色腫(メラノーマ)の症状~こんな症状には要注意~

初期の悪性黒色腫は、普通のほくろとの区別がつきにくいため、少しでも不安がある場合は念のために皮膚科を受診することが大切です。特に日本人の場合、足裏にできるケースが多いた......

続きを読む →

悪性黒色腫(メラノーマ)の検査と診断

「ダーモスコピー」は、悪性黒色腫の初期検査としてもっとも広く行なわれている検査です。皮膚専用の拡大鏡を使うことで、良性と悪性の区別を高確率でつけられます。それでも診断が難しい場合は、病......

続きを読む →

悪性黒色腫(メラノーマ)の治療法

このうち、もっとも優先して行なわれるのは手術です。リンパ節以外に転移のないステージⅢまでは、基本的に手術が選択されます。手術のできないⅣ期、もしくは手術ができた場合でも再発リ......

続きを読む →

悪性黒色腫(メラノーマ)のステージ・病気の進み方

がんは発見された時の進行具合に応じて、いくつかの「ステージ(病期)」に分類されます。多くのがんは、Ⅰ期~Ⅳ期の4段階に大きく分けられることが一般的です。悪性黒色腫も、がんの......

続きを読む →

悪性黒色腫(メラノーマ)の予後と5年生存率

悪性黒色腫は、皮膚がんの中でも悪性度が高いため、特に発見が遅れれば遅れるほど予後は不良となります。とはいえ、Ⅰ期で発見できた場合の5年生存率は他の多くのがんと同じく良好です......

続きを読む →

悪性黒色腫(メラノーマ)の治療後の注意点

悪性黒色腫の主な治療は、皮膚(およびリンパ節)の切除ですので、内臓のがんと比べると生活にきたす支障は比較的少ないといえます。ただしリンパ節を切除した場合は、むくみやしびれなどの......

続きを読む →

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る