小児がんの基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

「小児がん」について
小児がんとは15歳以下の子供に起こるがんをまとめて小児がんと呼びます。白血病、脳腫瘍、悪性リンパ腫、神経芽腫、ウイルムス腫瘍などの肉腫が多いという特徴があります。

スポンサーリンク

小児がんの基礎知識・種類

小児がんとは、子どもがかかるさまざまな悪性腫瘍の総称です。具体的には、白血病や悪性リンパ腫、脳腫瘍、神経芽腫、腎腫瘍などがあります。白血病や悪性リンパ腫などの血液のがん......

続きを読む →

小児がんの症状

小児がんの症状はさまざまです。中には、普通の風邪や筋肉痛などと区別しにくいものも多いため、早期発見が難しい傾向がみられます。特に、まだ言葉を話せない乳幼児は、症状をうまく訴えること......

続きを読む →

小児がんの原因

がんの原因には、まだ不明な点が多く残っています。特に小児がんの場合、大人と違って生活習慣の影響が少ないことから、正確な原因を探るのはより難しいのが現状です。小児がんの種類にもより......

続きを読む →

小児がんの検査と診断

小児がんの検査は、がんの種類によりさまざまですが、一般的には以下のようなものがあります。たとえば、しこりやアザなどがある場合、医師による視触診だけでも病気の目安をつけることが......

続きを読む →

小児がんの治療法

手術ができる場合は手術を優先的に行ない、手術が難しい場合はそれ以外の治療を組み合わせます。特に小児がんは、大人のがんと比べて抗がん剤の効き目が良いものが多く、治療成績の向......

続きを読む →

小児がんの晩期障害

小児がんで注意したいことの一つに、晩期障害(晩期合併症)があります。晩期障害とは、治療から時間が経ってから現れるさまざまな症状の総称です。治療の副作用が数年後に出てくることは......

続きを読む →

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る