前立腺がんのステージ分類と5年生存率

前立腺がんのステージ分類

前立腺がんのステージ分類には、TNM分類やABCD分類など、いくつかの方法があります。TNM分類では、局所の状態(T)・リンパ節転移(N)・臓器転移(M)をそれぞれあらわすもので、ABCD分類はそれらを組み合わせて総合的に進行度をみるものです。

まず、非転移性前立腺がん(局所にとどまる前立腺がん)と、転移性前立腺がんに分けられます。前立腺がんは、骨やリンパ節、肺、肝臓などに転移しますが、転移があるものはすべてステージDにあたります。また、他のがんと異なるのが、ステージAの概念です。

ABCD分類という名前から、AからDの順に進行度が上がるものと考えられますが、前立腺がんの場合、ステージAはそうした枠組みとは異なる概念です。具体的には、前立腺肥大症の手術などで偶然にみつかったがんをステージAとしているのです。

つまり、前立腺がんの検診でひっかかり精密検査をおこない、前立腺がんの診断となった場合は、もっとも早期であってもステージBとなるのです。

ABCD分類をわかりやすく書き換えると下記のようになります。

治療法や生存率について考える際に、転移があるかどうかが大きな分岐点になります。

ステージBとステージCは、T分類によって分けられます。

前立腺癌のT分類

  • TX 評価不能
  • T0 がんが見つからない
  • T1a 前立腺肥大症の手術でたまたま見つかったがんであり、標本の5%未満
  • T1b 前立腺肥大症の手術でたまたまみつかったがんであり、標本の5%以上
  • T1c PSA高値で前立腺生検を行い見つかったがん 画像検査や触診ではがんを同定できない
  • T2a 前立腺の中にがんがとどまっている 片葉の2分の1以下
  • T2b 前立腺の中にがんがとどまっている 片葉の2分の1以上
  • T2c 前立腺の中にがんがとどまっている 両葉にまたがる
  • T3a 前立腺の外にまでがんがひろがっている 被膜外へ浸潤している
  • T3b 前立腺の外にまでがんがひろがっている 精嚢に浸潤している
  • T4 膀胱や骨盤壁など、隣接するほかの臓器までひろがっている

上記のうち、ステージBとステージCの境界線は「T3以上かどうか」です。前立腺のなかにがんがとどまっていればステージB、外側へとびだしていればステージCです。

T2かT3かを判断するには、腹部超音波検査もしくは前立腺MRI検査といった画像検査である程度推測することはできますが、正確には前立腺を手術でとって病理学的に評価する必要があります。

前立腺がんの5年生存率

※ 公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計'15」全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年生存率(2004~2007年診断例)より引用

前立腺がんは、大腸がんや肺がんに比べて生存率が高い疾患です。これは、進行のゆるやかながんが多数含まれること、治療への反応がよいこと(主に、ホルモン療法への反応がよいこと)などに起因します。

そのため、前立腺がんに対して手術するのは、期待される余命が10年以上あるような場合とされており、日本では75歳前後を、手術をするかどうかの境目とすることが一般的です。よく「前立腺がんは進行が遅いから放っておいても大丈夫」といった意見もかれますが、同じステージであっても、がんの悪性度によって異なります。

前立腺がんの場合、現状はグリソンスコア(GS)という評価法を用いて悪性度を評価することが一般的です。GSは大まかにいうと、「もっとも割合の多い悪性度」+「つぎに割合の多い悪性度」で表されています。GS3がもっとも多く、GS4が次におおければ、GS3+4=7というようにあらわします。通常GSは6-10になるようになっています。(※数値が6からはじまるのがわかりづらいという理由で、新しい分類法も近年提唱されていますが、まだ一般的にはそれほど普及していません)

たとえば同じ75歳でステージBであっても、持病もなく元気な75歳であれば手術や放射線治療を行ったほうがよいでしょうし、脳梗塞や心筋梗塞の既往があって歩くこともままならない75歳でGS6であれば、何もしないほうがよいかもしれません。

前立腺がんは、多くは進行がゆるやかですが、なかには進行が速方もいます。ひとくちに前立腺がんといっても、組織型・悪性度・進行度などはひとによって千差万別であり、かつ治療方法も通常のがんのように手術・放射線療法に加えて、ホルモン療法という選択肢があります。ですから、患者ひとりひとりに合わせたテーラーメイド医療を行うことが必要ながんといえます。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。