肺がんのステージ4の状態

肺がんのステージ4とは、肺のなかの別の場所あるいは肺以外の臓器にがんが転移した段階で、一般的には末期がんと認識されています。

ステージ4でもほとんど症状のない人もいますが、多くは呼吸器系の症状に加え、転移した臓器に関連したさまざまな症状が出てきます。

転移がある基本的に根治は難しく、抗がん剤や分子標的薬を使った化学療法、免疫チェックポイント阻害療法、症状の軽減に努める緩和ケアが中心となります。肺がんのステージ4の状態について、詳しく解説していきましょう。

肺がんのステージ4とはどのような状態か

日本肺癌学会編の「臨床・病理 肺癌取扱い規約」によると、肺がんのステージ4とは、「肺の中の別の場所、胸膜播種(きょうまくはしゅ)、悪性胸水や、脳、肝臓、副腎、骨などへ転移がある」状態と定められています。

多くのがんでは、脳、肝臓、骨などに遠隔転移している段階をステージ4といいますが、肺がんの場合、同じ肺の中で別の場所に転移している場合も、ステージ4に分類されます。

さらに、がん細胞が胸膜にちらばったように広がる播種を起こしている場合や、がん細胞の混じった胸水(悪性胸水)が溜まっている場合も、病巣の大きさにかかわらずステージ4に分類される点が特徴です。

肺がんのステージ4の症状

肺がんのステージ4の症状は、人によってさまざまですが、以下のようなものが代表的な症状です。

呼吸器系の症状

代表的な症状は、持続する咳や血痰(けったん)、胸痛、呼吸のたびに胸がゼーゼーする喘鳴(ぜんめい)、息切れなどです。

ただし、人によってはいわゆる末期状態になっても、こうした症状がほとんど出ないこともありますし、出たとしてもただの風邪と間違えてしまうような軽い症状のことがあります。

特に、非喫煙者に多い肺野型の肺腺がんでは、咳や痰などの症状が出にくいため、注意が必要です。

がん細胞が肺全体に散らばったり、大量の胸水が溜まったりしてくると、呼吸困難がひどくなり、酸素療法が必要になることもあります。

骨転移の症状

肺がんが骨に転移すると、その部位に痛みが出るほか、ちょっとした加重や打撲で骨が折れてしまう病的骨折を起こすことがあります。

特に肺がんが転移しやすいのは、肩関節や脊椎、骨盤、股関節などです。腰痛を訴えて病院にかかったところ、ステージ4の肺がんが発見されたというケースもまれではありません。

脳転移の症状

肺がんが脳に転移すると、一般的によく見られる症状(頭痛や吐き気、めまい)に加えて、転移した脳の部位によってさまざまな症状が現れます。

たとえば言語能力を司る部位に転移すれば言語障害が出やすくなりますし、他にも手足の麻痺やしびれ、人格の変化などが現れることもあります。

副腎転移の症状

肺がんは、ステロイドホルモン分泌にかかわる副腎という臓器に転移することもあります。

副腎転移を起こしてもほぼ無症状ですが、ステロイドホルモン分泌が低下して倦怠感が出る場合もあります。

肝転移の症状

肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれるほど症状が出にくいため、肺がんが転移しても初期のころはほとんど症状がありません。

進行すると、食欲不振や体重減少、発熱、右上腹部痛などのさまざまな症状が出てきます。また、がんが胆管をふさいでしまうと、胆汁の流れが悪くなることで、皮膚や白目などが黄色くなる黄疸という症状が出ることもあります。さらに進行すると、腹水がたまっておなかが大きく膨れ上がります。

ステージ4の肺がんの生存率

どのがんでも、ステージ4の生存率はそれほど高くありません。

特に肺がんの場合は予後が厳しく、「全国がんセンター協議会の生存率共同調査(20177月集計)」によると、ステージ4の5年生存率はわずか4.8%と報告されています。つまり、5年後の時点で生存できるのは、100人中5人ということです。

ステージ4の肺がんの治療法

ステージ4の肺がんでは、基本的に手術はできず、抗がん剤と緩和ケアが治療の中心となります。放射線療法も、手術と同じ局所療法のひとつですので、ステージ4ではあまり行なわれません。

もっとも優先的に検討されるのは、抗がん剤です。肺がんの場合、シスプラチンカルボプラチンなどのプラチナ製剤を中心に、複数の薬を組み合わせます。

また、非小細胞肺がんの場合、遺伝子の異常を調べてある特定の異常が認められた際には分子標的薬、さらには免疫チェックポイント阻害薬の使用が優先されるケースもあります。

治療成績は十分とはいえませんが、年々新しい効果的な薬が登場していることもあり、人によっては腫瘍を大幅に縮小できることもあります。

また、ステージ4になると痛みや呼吸困難などのつらい症状が出る患者さんが多いため、それを和らげるための緩和ケアも重要な治療のひとつです。

つらい痛みに対してはモルヒネなど、痛みの強さに応じた最適な鎮痛剤が使われ、呼吸困難に対しては酸素療法が行なわれます。

    がん保険の資料請求ランキング
    (5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。