肺がんの症状

肺がんの症状には、肺に発生したがんが直接的な原因となって生じる症状と、がんが他の臓器や組織に転移したことによって生じる症状があります。

肺がんの症状ー肺に発生したがんが直接的な原因となる場合

肺にがんが発生すると、がんができた箇所によりさまざまな症状が起こります。肺門部と呼ばれる肺の入り口付近にがんができると、咳・痰・血痰などの症状がでますが、肺のなかには痛覚がないため痛みを感じることはほとんどありません。がんによって炎症が引き起こされると、発熱や咳・痰などを生じることもあります。

がんが気管支をふさいで空気が通りにくくなると、閉塞性肺炎を起こしたり、肺の空気がなくなった無気肺の状態になったりします。この場合は、発熱や呼吸困難が主な症状となります。

肺野部と呼ばれる肺の奥のほうにがんが発生した場合は、初期のころはほとんど症状がでません。進行してから生じてくる症状で気づくケースが多いです。

肺がんの症状ー他の臓器や組織への転移によるもの

肺がんは他の臓器に転移しやすいがんです。全身に転移する可能性がありますが、特に脳・骨・肝臓などへは転移しやすい傾向があります。

胸膜に転移した場合

肺は胸膜(きょうまく)という膜に包まれていますが、胸膜にがんが転移をしてがん性胸膜炎になると、胸の痛み・咳などの症状がでます。

がん性胸膜炎が進行すると、胸に水が溜まる胸水(きょうすい)と呼ばれる状態になり、呼吸困難を伴います。

脳に転移した場合

がんが脳に転移した場合は、脳の機能に異常が起こりますので、頭痛・吐き気・嘔吐・麻痺・痙攣・精神症状・ふらつきなどの症状が起こります。

骨に転移した場合

がんが骨に転移した場合は、転移の起こった骨の部位に強い痛みを感じることが多く、重さのかかる部位では骨折する場合もあります。

肝臓に転移した場合

がんが肝臓に転移しても、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているとおり、ほとんどの場合は無症状です。進行すると腹部のしこり・黄疸(おうだん)・全身倦怠感などの症状が起こります。

リンパ節に転移した場合

左右の肺に挟まれた部分を縦隔(じゅうかく)といいますが、この部分にはリンパ節がたくさん存在しています。肺がんはこの縦隔のリンパ節に転移を起こすことが多いのですが、転移したがんが大きくなると、上大静脈を圧迫して顔や腕に浮腫をきたしたり、反回神経に進展してさ声(声がかれること)を引き起こしたりすることもあります。

肺がんの末期症状

どのがんも末期はつらいものですが、肺がんの末期はとりわけ苦しいものであることが多いです。

呼吸困難の出現

肺がんの末期には、胸に水が溜まってしまうこともあり(胸水)、肺が圧迫されて呼吸困難になることが少なくありません。呼吸困難が出現した場合には、酸素を吸入したり、胸水を抜いたり、胸水が溜まりにくくする処置(胸膜癒着術)をすることで症状を緩和していきます。食事が摂れなくなってきたら、点滴で水分と栄養の補給をすることもあります。

痛みの出現

また、肺がんの末期にはさまざまな痛みが出現することがあります。がんが進行するに従って、痛みは強くなるので、モルヒネなどの痛み止めを用いて、痛みを緩和していく必要が出てきます。

末期の肺がんの患者さんでは、ある程度症状が落ち着いていても突然容態が急変するケースが多くあるため注意が必要です。がんが転移した場所によって、先ほど述べたようなさまざまな症状も伴ってきます。

肺がんの末期症状が出た後の治療

肺がんの末期状態では、治療方法の選択肢はごく限られたものとなります。

多くの場合は全身状態がよくないため、抗がん剤などを用いた積極的ながん治療はほとんど行われることはありません。代わって、苦痛を和らげてQOL(生活の質)を向上させるための緩和ケアが主となります。

緩和ケアとしては、末期のつらい痛みの緩和のために痛み止めの投与を行うことが主となります。痛み止めにはさまざまな種類がありますが、モルヒネを投与しない限り、痛みが取れないということが少なくありません。

モルヒネを投与すれば、ある程度痛みの症状は和らぎますが、吐き気や嘔吐・便秘・呼吸抑制・眠気などの副作用がみられるようになるというデメリットはあります。

肺がんの末期には、症状を和らげるためのケア以外に患者さんを精神的に支えるためのケアも必要になります。

がん保険の資料請求ランキング
(5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。