肺がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

このページでは肺がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方について説明します。
専門家にインタビューしたより詳しい記事は以下からご覧ください。

 

肺がんのステージごとの治療について

肺がんのステージとは?特徴や定義、ステージごとの症状とは

肺がんのステージ・進行度

肺がんの進行度は、胸部X線検査・CT検査・超音波検査(エコー)・MRI検査、FDG-PET検査など、さまざまな画像診断技術を用いて、ほぼ全身をくまなく検査して調べます。

肺がんは、大きく小細胞がんと非小細胞がんに分けられます。小細胞がんはがんの進行が早く、転移もしやすいため、発見されたときには進行しているケースが多いがんです。

肺の入り口付近にできることが多く、気管や気管支に進展していたり、左右の肺の間にある縦隔リンパ節などにも早い段階で転移をします。

ただし、抗がん剤や放射線が効きやすいという性質があるため、治療により腫瘍が縮小するケースも多く認められますが、進行も早いため、すぐに悪化することもしばしば認められます。

非小細胞がんのなかでも腺がんは、肺の奥の方にできることが多く症状がでにくいため、症状がでたときにはすでにリンパ節などに転移しているケースが多くあります。

扁平上皮がんは肺の入り口にできることが多く,さらに発生した部位に留って比較的転移をしにくいがんです。病巣部が限局していれば、病巣部位を完全に切除することにより治癒する可能性も十分に期待できます。

肺がんのステージは下図のように細かく分類されます。

肺がんのステージ(進行度)は、がんの広がり・転移の有無により、下記のように分類されます。

肺がんでは上記表のステージIAまでを早期がん、それ以降を進行がんと判別します。

肺がんのステージ別の治療の選択

肺がんの分類やステージによって、基本的な肺がんの治療方法は確立されています。

肺がんの治療方法は、主に、がんの病巣を外科的に切除する手術療法、抗がん剤を使う化学療法、放射線療法を、患者さんに合わせて単独あるいは組み合わせて行います。

どのような治療方法が効果的で効率的であるかは、多くの肺がんの治療に関する情報に基づいて検討され「EBMの手法による肺癌診療ガイドライン2014年」に公開されています。

ここでは、肺がん全体の約80%を占める非小細胞肺がんのステージ別の治療方法について解説していきましょう。

ステージⅠ~Ⅱ期の治療方法

ステージⅠ~Ⅱ期の患者さんには、可能な限り外科的に切除することがすすめられます。

手術の際には、リンパ節への転移を確認したり、再発を予防したりするため、同時にリンパ節を摘出します。

標準的な手術としては、がんのある肺葉や、がんのある方の肺全体を切除します。

ただしステージI期のごく早期の場合で症例によっては、がんをその周辺だけを含めて切除する縮小手術でも、標準的な肺の肺葉切除と同等な予後が得られるとの報告もあります。

また最近では、ステージⅠ期の場合には、胸腔鏡(きょうくうきょう)を用いた肺葉切除も行われています。

胸腔鏡を用いた手術は開胸手術と比べて、手術時間や出血量、入院期間、術後の合併症などの差はありませんが、切開創が小さく患者さんの負担が小さいという利点があります。

また転移が少なく、5年生存率がよいという報告もあります。

一方、ステージⅠ~Ⅱ期の患者さんで、全身状態など色々な理由で手術が出来ない場合には、放射線療法で根治を目指すことがすすめられています。

また、先進医療ではありますが、粒子線治療といって重粒子線・陽子線治療など局所への集中性を高めた治療法も開発されています。

ステージⅢA期の治療方法

ステージⅢA期で、リンパ節への転移がない場合には、他の臓器への転移がない可能性が高く、外科的な切除で効果が高いと考えられています。一方、ステージⅢA期でリンパ節への転移がある場合、手術が可能な方では、まず放射線療法を行ってから外科的な切除を行います。

しかし、リンパ節への転移があり手術が出来ない場合には、化学療法や放射線療法を行います。

手術不能なステージⅢA期~ⅢB期の治療方法

プラチナ製剤という抗がん剤を使った化学療法と、放射線療法を同時に併用して治療を行います。これを化学放射線療法といいます。ただし、有害事象など身体に対する負担が大きいため、全身状態が良好な場合に限られています。

放射線療法のみ、あるいは化学療法のみを行うこともあります。

ステージⅣ期の治療方法

化学療法と緩和療法によって、がんの進行を遅らせ、痛みや呼吸困難などの症状をやわらげて、少しでも長く日常生活が送れるようにします。非小細胞肺がんは早期であれば、外科的な切除で根治も可能です

また、分子標的薬を使った化学療法や免疫チェックポイント阻害療法、体に負担の少ない放射線療法など、新しい治療法も日進月歩です。

肺がんも治る病気となることに期待して、今出来る治療を主治医と一緒に考えていくことが大切です。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。