肺がんの治療法~標準治療から最新治療まで~

肺がんの治療では、がんの三大療法である外科療法・化学療法・放射線療法が治療の基本となります。肺がんをリンパ節転移などがない早期で発見できれば、手術治療を行うことで多くの場合治すことができます。

ただし、肺がんは症状がでにくいので、風邪の治りが悪いと思うぐらいの症状が続くうちにいつのまにか進行してしまい、発見されたときには手術ができないケースもあります。

肺がんの治療法

肺がんの主な治療法には以下のようなものがあります。

  • 外科療法
  • 化学療法
  • 放射線療法

肺がんの治療では、がんの三大療法である外科療法・化学療法・放射線療法が治療の基本となります。肺がんをリンパ節転移などがない早期で発見できれば、手術治療を行うことで多くの場合治すことができます。

ただし、肺がんは症状がでにくいので、風邪の治りが悪いと思うぐらいの症状が続くうちにいつのまにか進行してしまい、発見されたときには手術ができないケースもあります。

肺にできたがんが小細胞がんの場合

肺にできたがんが小細胞がんの場合は、進行が早く転移しやすいので、手術ができるのはごく早期の場合です。手術ができない場合は、抗がん剤による化学療法と放射線療法を組み合わせて治療を行います。

小細胞がんは抗がん剤や放射線が効きやすい性質があるため、たとえ手術ができなくても多くの場合がんを縮小させることは可能です。

肺にできたがんが非小細胞がんの場合

肺にできたがんが非小細胞がんの場合は、ステージIIIA期までは手術を行うことが可能です。それ以上進行している場合は、抗がん剤による化学療法が治療の中心となります。

肺がんの外科療法

がんは外科手術により完全に切除することが完治への近道ですが、進行していてすべてのがんを切除しきれないと判断される場合、手術は行われません。

手術ができるのは、小細胞がんではステージI、非小細胞がんではステージI~IIIA期の場合です。

肺がんの手術では、がんができた部位により切除方法が異なります。術式として一側肺全切除術・肺部分切除術・肺葉切除術・気管支形成術・リンパ節郭清手術などがあります。

いずれにしても肺の機能を温存し切除範囲をできるだけ狭くする方法がとられます。

肺がんの化学療法

肺がんのなかでも小細胞がんでは、抗がん剤が効きやすいという性質があるため多くの場合効果がみられます。

小細胞がんの化学療法では、シスプラチンやエトポシドなどの抗がん剤を組み合わせて用います。

非小細胞がんの化学療法では、シスプラチン・カルボプラチンビノレルビンゲムシタビンパクリタキセルドセタキセルなどの抗がん剤を組み合わせて用います。

また非小細胞がんでは、遺伝子の異常の状態を調べたうえでその異常を持つがんに対して有効性が明らかになっている分子標的治療を行うことが一般的になってきています。

肺がんの放射線療法

肺がんの放射線療法では、一般的に抗がん剤と併用することで、がんに対して効果が高いことがわかっています。ただ、放射線による肺の障害を高めることがわかっている抗がん剤は併用することはできません。

肺がんの新しい治療 レーザー療法

肺がんの新しい治療として、レーザー療法があります。レーザー療法では、気管支鏡を口から挿入し、モニターで観察しながら内視鏡の管の先端からレーザーを照射し、がんを焼き切ります。

肺に損傷を与える範囲が限られているので患者さんの肉体的負担が少ないというメリットがあります。一方で、がんがごく早期の場合に限られることや、気管支鏡や内視鏡の可動範囲内でしか使えないというデメリットもあります。

近年、免疫療法が注目されている

肺がん治療といえば、外科手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線療法が基本ですが、第4の治療法として最近注目を浴びているのが免疫療法です。

そのなかでも特に、免疫チェックポイント阻害薬は、抗がん剤に替わる治療薬として期待が持てる薬剤と考えられています。

本来、人間の身体には細胞障害性T細胞(T細胞)といがん細胞を攻撃する働きがある細胞が存在します。

しかし、T細胞には、活性化し過ぎるのを防ぐためのブレーキ役といえる分子がいくつか備わっており、それががん細胞への攻撃を妨げていることがわかっています。

このブレーキ役として知られている分子は、免疫チェックポイントと呼ばれています。

免疫チェックポイントの働きによって、がん細胞はT細胞からの攻撃をまぬがれ増殖していくことができていますから、この免疫チェックポイントの働きを阻害できればT細胞ががん細胞を攻撃できるようになり、がん細胞の増殖は防げると考えられます。

そこに着目して開発されたのが免疫チェックポイント阻害薬です。

肺がん領域においては、PD-1阻害剤が国内承認をされていて、実際に肺がん治療に使用されています。

免疫チェックポイント阻害薬の副作用について

免疫チェックポイント阻害薬は、従来の抗がん剤とは作用がまったく異なることから副作用も異なっています。免疫チェックポイント阻害薬による副作用は一般的に免疫関連副作用と呼ばれます。

免疫関連副作用は、全身のあらゆる臓器に炎症をきたす免疫反応がおこるために発生すると考えられています。そのなかでも、間質性肺障害、心筋炎、消化管穿孔、劇症型1型糖尿病などは重大な副作用ですので十分な注意が必要です。

    がん保険の資料請求ランキング
    (5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。