胃がんの症状

胃がんの症状

胃がんは特に初期には症状が全く出ない場合も多くあるといわれています。

症状が出た場合、さまざまなものがありますが、その多くは胃炎や胃潰瘍と非常に似ています。

受診せずにすませてしまう方も少なくありません。

胃がんで症状が出た場合は、下記のような症状が現れます。

  • 胃の辺りがシクシク痛む
  • 食事をとると胃の痛みが改善する
  • 胸焼け・腹部の不快感
  • 腹部膨満感
  • 消化不良
  • 進行すると、体重減少・食欲不振・貧血
  • 食べ物を飲み込んだときにつかえる感じ
  • 黒色便

胃がんには上記のような症状が現れることがあります。どの症状が現れるのかは、がんのできた部位や個人差によってさまざまです。

胃に穴が開いて穿孔(せんこう)という状態になり腹膜炎を起こしたり出血を起こしたりすると、激しい痛みや苦痛が生じます。

しかし、なかにはほとんど症状らしい症状が現れず、気づいたときにはすでにかなり進行してしまっているケースもあります。

また、胃がんの症状は胃炎や胃潰瘍と似ているため、胃薬を飲んで痛みを一時的に紛らわせて病院に検査を受けに行かない方が多いものです。

胃がんは早期に発見すれば治すことができる可能性が高いといわれているため、異常に気づいたときには、できるだけ早く病院を受診することが大切です。

進行胃がんの症状

胃がんの初期症状は、上記のように胃潰瘍や胃炎との区別がつきにくいものが多いのですが、進行するとがん特有のさまざまな症状が現れてきます。

たとえば、胃の入り口(噴門部)や出口(幽門部)にがんが発生した場合、食べ物の通過障害が起こりやすくなります。

食べ物が胸につかえた感じがする、胃から逆流してくる、などの症状が代表的です。

さらに進行すると、食欲不振や体重減少、貧血などが現れることもあります。

また胃がんが他の臓器に転移すると、転移した臓器によって異なるさまざまな症状が出ます。

たとえば肝臓に転移した場合は、黄疸(肌や白目などが黄色っぽくなる)が現れることがあります。

また肺に転移した場合は、咳や血痰、呼吸困難の症状が出やすくなり、骨に転移した場合は骨の痛みや骨折が起こることがあります。

その他、がんが腹腔内に散らばる腹膜播種を起こすと、腹水による腹部膨満感がみられるようになります。特に予後の悪いスキルス胃がんでは、高確率で腹膜播種を起こします。

胃がんは現在、治るがんになりつつありますが、それでも発見が遅れてしまった場合はやはり治療は難しくなってしまいます。

明らかにおかしいと感じる症状が出るまで待ってしまっては遅いため、早期発見のためにも、胃の違和感が続いたときには念のため受診する、定期的に胃がん検診を必ず受ける、といったことが大切です。

がん保険の資料請求ランキング
(5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。