大腸がんの初期症状―症状が出る前に検診で早期発見を

大腸がんは、初期症状がほとんどないことが知られています。そのため、進行して症状を自覚する前に検診を受けて早期発見することが重要です。

今回は、大腸がんの初期症状について大阪市立十三市民病院副院長の西口幸雄先生にお話を伺いました。

大腸がんの初期症状はほとんどない?

大腸がんには、初期症状がほとんどありません。大腸がんの主な症状は、大腸がんとそこを通過する便がこすれることによって生じてきます。

たとえば、大腸がんによる腹痛や張り、便が細くなるなどの症状は、がんがある程度大きくなって便が通りにくくなることから引き起こされます。そのため、便潜血検査や大腸内視鏡検査などの検査を受けなければ初期の大腸がんは基本的に見つかりにくいです。便潜血検査では、便に潜出血という肉眼では見えない微量な血が混ざっていないかを調べることができます。

40歳になったら検診などで定期的に便潜血検査を受けて、自覚症状が出る前の段階でがんを発見することが大切です。

初期症状がある場合は血便がみられることも

左側の大腸にできたがんのほうが血便で見つかりやすい

【大腸の部位】

大腸の部位

大腸がんは、腸の右側(大腸の始まり)か左側(肛門に近いほう)にあるかで症状が変わってきます。左側にがんができている場合、初期症状として血便がみられることがあります。

通常、便は右側の大腸にあるときは液状で、左側に行くにつれて固形になります。右側の大腸にがんがある場合、がんがある程度大きくなっても便は液状のためつまることなく通って行きます。その結果、右側の大腸にできたがんは、進行した状態で発見されることが多い傾向にあります。

一方で、左側の大腸にがんができていると、便が固形になっているためこすれて出血が起こりやすいです。そのため、初期のがんでも左側の大腸にできている場合は、初期症状として血便がでる可能性があります。

血の色は関係ない!自己判断に注意!

 

患者さんが「いつもの痔だろう」と思っているうちに、大腸がんの発見が遅れることがあります。出血が続くとき、特に排便時ではないのに血だけが出てくる場合は、大腸がんの可能性があるため受診してください。

ときどき「がんでは黒い血や便が出る」と考え、赤い出血や血便は、がんではなく「痔」だと捉えている患者さんがいます。しかし、がんでも、肛門近くであれば基本的に出血は赤い色をしています。血の色だけで自己判断しないようにしましょう。

痛み・便秘・下痢などの症状は進行がんでみられる

腹痛やお腹の張り、便秘や下痢の症状は、初期症状ではあまりみられません。このような症状がでた場合は、進行がんが見つかることが多いです。

大腸がんになるリスクが高い方

いくつかの遺伝性の大腸の病気や、炎症性腸疾患、また高脂肪食が大腸がんの発生にかかわっていることがわかっています。以下の方は、大腸がんになりやすいため注意が必要です。

  • 家族性大腸腺腫症
  • リンチ症候群
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 高脂肪の食生活をしている方 など

家族性大腸腺腫症

家族性大腸腺腫症は、大腸の粘膜に100個以上のポリープができる遺伝性の病気です。

患者さんの2人に1人が40歳代までに大腸がんになります。検査や治療をしなかった場合は、ほぼ100%大腸がんを発症すると考えられています。そのため、20歳くらいから年に1回大腸内視鏡検査を受けてください。

家族性大腸腺腫症は優性(顕性)遺伝する病気です。そのため、子どもがいる患者さんには、子どもが高校卒業する頃など分別がついたとき、この病気について話をして、検査を受けさせたほうがよい旨を伝えています。そして、診断後は病気についてよく説明したうえで、大腸がんを防ぐために20歳代で予防的大腸切除術を受けるようにすすめています。

リンチ症候群

リンチ症候群は、大腸がんや子宮体がんなどの発症リスクが高くなる遺伝性の病気です。

家族性大腸腺腫症と同様に優性(顕性)遺伝のため、リンチ症候群の場合も子どもには伝えておくことが望ましいです。

家系内で、右側大腸にがんができた方、50歳以下の若さで大腸がんになった方、大腸がん以外に子宮体がんや卵巣がん、胃がん、小腸がんなどが発生した方がいる場合はリンチ症候群の可能性があります。また、リンチ症候群と診断された場合は、20歳代など若い年齢の方も毎年大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に慢性的な炎症が起こる病気です。潰瘍性大腸炎が長期にわたると、大腸がんが発生するリスクが高くなります。

遺伝するかは2018年7月時点ではわかっていませんが、家族歴が認められる患者さんもいます。遺伝的な要因だけではなく、環境要因などほかのさまざまな要因が関わって発症すると考えられています。

クローン病

クローン病は、口腔内から大腸まで消化管の至るところに慢性の炎症や潰瘍を起こす病気です。クローン病にかかっている期間が長くなるにつれて、大腸がんになるリスクが高くなります。

潰瘍性大腸炎と同様に原因は明らかになっておらず、遺伝的な要因や環境要因などによって炎症が起こると考えられています。

高脂肪の食生活をしている方

脂肪の中でも特に動物性脂肪の摂取が多いと、大腸がんのリスクが高まることがわかっています。当たり前のことかもしれませんが、肉だけに偏ることなく野菜や果物などで食物繊維を摂り、バランスのよい食生活を心がけましょう。

また、がん化する可能性のある大腸ポリープは、運動選手には少ないというデータが多数報告されています。食生活と同様、適度な運動も大事です。

遺伝的要因で大腸がんのリスクが高い方は20代から検診を

厚生労働省は、40歳以上の方を大腸がん検診の対象としています。しかし、特に遺伝的要因でリスクが高いと考えられる方は、20〜30代と若くても大腸ポリープができるため、20歳くらいから検査を始めることが望ましいです。大腸ポリープは、見つけ次第切除する必要があります。

当院では大腸がんになるリスクが高いと判断された方には、毎年大腸内視鏡検査をすすめています。

大腸がんは自覚症状があまりないからこそ便潜血検査が重要

まず、大腸がんは患者数の多い病気ということを認識していただきたいです。大腸がんは、男性であれば11人に1人、女性であれば14人に1人の割合でかかる病気です。私も大腸がんになった患者の1人です。

繰り返しになりますが、大腸がんは初期症状がほとんど出ないという特徴があります。症状が出る前に、助かるうちに見つけて治療しなければなりません。早期発見するためには、毎年便潜血検査を受けることが何より大事です。

【疾患啓発(スポンサード)】

大腸がん(西口幸雄先生)の連載記事

記事1:大腸がんのステージ分類―手術対象はステージⅢまで?

記事2:大腸がんの手術―腹腔鏡手術や肛門温存手術について

記事3:大腸がんに伴う腹膜播種―症状や治療法は?

記事4:大腸がんの手術前・手術後の食事―術前の免疫栄養療法で合併症を予防できる?

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。