大腸がんの症状 注意するべき症状とは

大腸がんの症状

大腸がんは症状が比較的出にくいがんとして有名です。

早期の段階では無症状であることが多く、ある程度がんが進行して出血したとしても便中に血が混じってしまうため、なかなか異常に気付きにくいという特徴があります。

大腸がんの代表的な症状は下記のようなものです。

  • 血便
  • 下痢や便秘などの便通異常
  • 腹痛
  • 腹部のしこり

上記の症状に気付かずかなり進行すると、出血により貧血を起こしたり、腫瘍が大きくなり便が通過できなくなる腸閉塞の状態となったり、突然ひどい痛みや吐き気に襲われたりすることがあります。

がんが肛門に近いほど異常に気付きやすい

便は大腸の中で、上行(じょうこう)結腸 → 横行(おうこう)結腸 → 下行(かこう)結腸 → S状結腸 → 直腸を通り、最後に肛門から排出されます。

がんが上行結腸や横行結腸にできた場合は、たとえ出血していたとしても便が液状であるため混ざってわからなくなりますし、がんの腫瘍が腸の通路を塞いでいたとしても、便が液状で通過できてしまうため、もっとも異常に気付きにくくなります。

がんが下行結腸やS状結腸にできた場合は、便が固形になっているため出血に気付きやすく、がんの腫瘍が腸の通路を塞いでいると便が通りにくいため便通異常にも気付きやすくなります。

直腸にがんができた場合は肛門に一番近いため、もっとも異常に気付きやすいです。直腸にがんができると、出血したり便が細くなったりします。残便感を感じたり、下痢と便秘を繰り返したりします。

大腸がんは転移してから発見されやすい

大腸がんは症状があっても単なる便秘や下痢、痔だろうと片付けてしまい、早期の段階で本人が異常に気付くことが難しいケースが多いです。

進行大腸がんでよくあるのが、大腸にできたがんが肝臓や肺、骨に転移し、痛みや腹痛を訴えて病院に行き、詳しく検査をすると大腸がんがみつかったというケースです。

大腸がんを早期発見するために、体がいつもと違う、便の状態がいつもと違うという状態が続いていたら、できるだけ早めに病院を受診することが大切です。

大腸がんの血便と、痔の出血の違いとは

大腸がんの代表的な症状である血便ですが、実際は自分の便を毎回チェックする方は少ないうえ、チェックしても異常に気づきにくいといわれています。

また明らかに血と分かるものが確認できたとしても、痔と間違えられることも多いものです。

大腸がんの血便と痔の出血の違いとしては、血の色や状態が挙げられます。たとえば痔の場合は肛門からの出血であるため、真っ赤な鮮血が多く、ポタポタと滴り落ちるように水っぽい点が特徴です。

またトイレットペーパーにちょっと付く程度である場合や、便器が真っ赤に染まる場合なども、痔の可能性が高いといえます。

一方、大腸がんの場合は血の色がどす黒く、便にねっとりと絡みついていることが特徴的です。特に肛門から遠い部位に発生したがんであるほど、血は酸化して黒っぽくなります。

ただし、肛門から近い直腸にできたがんからの出血は、痔と間違えられることがあります。

いずれにしても、大腸がんの血便を自分で判断するのは難しいため、定期的に大腸がん検診を受けることが大切です。

年に一度の便潜血検査を受け、潜血が認められた場合は大腸内視鏡検査を受けるようにすると、高確率で大腸がんを早期発見することができます。

進行した大腸がんの症状の特徴

大腸がんは、初期の段階では自覚症状がほとんど出ないため、早期発見が難しいです。また、血便や便通異常などの初期症状が実際に現れていても、気付かないで過ごしてしまう方が少なくありません。

そのため、自覚症状が出たときには、すでに根治切除ができないということもしばしば起こります。では、進行大腸がんの末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

進行した大腸がんの症状には、次のようなものがあります。

進行大腸がんの症状

  • 腰痛
  • 便が細くなる
  • 腸閉塞
  • 貧血
  • 呼吸困難
  • 食欲不振
  • 体重の減少
  • 嘔吐

自覚症状がほとんどないために、初期の段階で気付くのが難しい大腸がんですが、知らないうちにどんどんと進行し、やがて上記のような自覚症状がみられるようになります。

大腸がんの進行・転移に伴って自覚症状がみられるように

大腸がんが進行すると、小腸から運ばれた食べ物が大腸の腸管をスムーズに通過できなくなります。

初期の大腸がんでも、自覚症状として便秘や腹痛、腹部膨満感などがみられることがありますが、がんが進行するにつれて腸閉塞がみられることもあります。

腸閉塞になると、食べ物が大腸で滞ってしまうために、お腹が張って激しく痛み、腸の内容物が逆流して吐き気を催し、嘔吐するなどの症状がみられるようになります。

大腸がんが進行し、腸管に深く浸潤すると、腸管内で出血を起こすことがあります。

また、腸管の外に出てくるようになるとがん細胞が腹腔内に広がり、腹膜播種(がん細胞が腹膜に転移すること)が起こります。

腹膜にがんが転移すると、腹膜炎が起き、この場合は嘔吐や激しい腹痛、発熱などがみられるようになります。

大腸がんがもっとも転移しやすい臓器は肝臓です。ただ、肝臓へ転移しても、自覚症状があまりみられないため、早期に発見することは難しいのが実情です。

肝臓がんも大腸がんと同じく、がんが進行するにつれて、全身の倦怠感や食欲不振などといった自覚症状がみられるようになります。

肝臓の次に大腸がんが転移しやすいのが肺です。大腸がんが肺に転移すると、その部位によっては咳や痰、血痰がみられるようになります。やがて、腫瘍が大きくなれば胸水がたまるようになり、そのために呼吸困難になることがあります。

大腸がんは、脳や骨に転移することもあります。大腸がんが脳に転移すると、頭痛や吐き気、ものが二重に見える、ふらふらする、ろれつが回らない、といった症状がみられることあります。

また、骨に転移した場合は、骨が次第に破壊されていくために、痛みが出たり、骨折しやすくなったりします。

このように、大腸がんは進行すると大きさや転移の場所によって、さまざまな自覚症状がみられるようになります

このような症状がみられるようになったときには、根治手術ができなくなっている可能性があります。自己判断せずに早めに受診・精査することをお勧めします

健診の機会があればぜひ受けて頂き、早期発見に努めるのが一番です。

    がん保険の資料請求ランキング
    (5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。