肝臓がんの検査・診察・診断

肝臓がんの検査

肝臓がんの検査には下記のような方法があります。

  • 血液検査
  • 腫瘍マーカー検査
  • 超音波検査
  • CT検査
  • 肝生検

血液検査

一般的な血液検査のなかで、肝機能を測定するための項目が含まれています。肝臓の細胞が破壊されると、血液中のAST(GOT)やALT(GPT)の数値が上昇します。B型肝炎やC型肝炎ウイルスに感染しているかどうかもわかります。ただし、数値に変化がない場合もあるため、あくまでも判断材料のひとつとして用いられます。

腫瘍マーカー検査

肝臓にがんができると、血液中の特定の物質(腫瘍マーカー)の値が上昇するため、腫瘍マーカーを測定することで、肝臓に疾患があるかどうかがわかります。肝臓がんでは、AFP・PIVKA-II・AFP-L3分画といった腫瘍マーカー値が上昇します。がんが大きくなればなるほど、数値も上昇する傾向にあります。

腫瘍マーカー検査は血液を採取するだけなので手軽に受けられますが、肝臓がんでも変化がない場合や、肝炎や肝硬変でも腫瘍マーカー値が上昇してしまうことがあるため、あくまでも判断材料のひとつとして用いられます。

超音波検査

超音波検査は妊婦さんが胎児の状態をモニターで確認する検査と同じで、プローブという装置を体の表面に当てて、体内の様子を観察することができます。超音波なので被曝の心配もありません。1cm以下の小さな腫瘍も発見することができますが、腫瘍があったとしてもがんであるかどうかまではわからないので、あくまでも判断材料のひとつとして用いられます。

CT検査

CT検査(コンピュータ断層撮影)では、体外からX線を照射することで、身体を輪切りにした画像が撮影できます。

肝臓のCT検査では、肝臓は血流が豊富な臓器であるため、動脈に造影剤を注入してCT検査をおこなうことが一般的です。造影剤を用いることで、よりクッキリとした画像が撮影できます。

MRI検査

MRI(磁気共鳴画像撮影)では、体外から電磁波を照射することで、身体のあらゆる角度からの画像を撮影することができます。

肝生検

肝臓がんの多くは、血液検査やCT、MRIなどの画像検査でがんであるかどうかが判断できます。しかし、疑わしい病変部位が小さい場合や、画像ではわかりにくい場合には最終的に肝生検を行いがんであるかどうか確定診断をすることがあります

肝生検では、一般的に超音波で病変の位置を確認しながら病変部位に針を挿し、病変の一部を採取し、顕微鏡で観察する針生検が行われます。

肝臓がんの予防に役立つ肝炎ウイルス検査

肝臓がんは転移性のものを除き、ほとんどが肝炎ウイルスによる慢性肝炎や肝硬変などを経て発症します。そのため肝臓がんを予防するためには、まず肝炎ウイルス検査を受けることが大切です。肝炎ウイルスのなかでも、肝臓がんにつながるのはB型とC型です。いずれも血液検査で抗体の有無を調べることで簡単にわかるので、一度も受けたことのない人はぜひ受けてみましょう。多くの自治体では、肝炎ウイルス検査を受けたことのない人を対象に無料で実施しています。

ちなみに性交渉や注射針の使い回しなど、気になる行為があった場合は、感染の疑われる機会から3か月以上経過してから検査を受けたほうが正しい結果を知ることができます。肝炎ウイルスへの感染が判明した場合は、すみやかに専門の病院で精密検査を受けたうえで、適切な治療を受けることが大切です。

2018年現在の肝炎治療としては、おもにインターフェロン製剤を使った抗ウイルス療法が行われています。C型肝炎については、インターフェロンを使わない飲み薬の治療法も出てきています) 。それで十分な効果を得られなかった場合は、肝細胞の破壊速度を遅らせる肝庇護療法に移ることもあります。

いずれにせよ肝炎の段階で発見ができれば、治療や定期的な観察によって、それ以上の進行を抑えられる可能性が高くなります。肝臓がんの発症を食い止めるためにも、まずは肝炎ウイルスの検査を受けることからはじめましょう。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。