食道がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

このページでは食道がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方について説明します。
専門家にインタビューしたより詳しい記事は以下からご覧ください。

 

食道がんの症状 早期発見のためにはどうすればいい?

食道がんのステージ・進行度

食道がんは食道の一番上の粘膜である扁平上皮にがんができる場合が90%以上を占めます。扁平上皮にできたがんは少しずつ深く浸潤し、食道壁の外側にまで広がります。食道には他の消化管にある漿膜(しょうまく)と呼ばれる丈夫な膜が存在しないので、早い段階で周囲の組織や臓器へ転移をします。

食道は肺・心臓や身体の中心を通る太い血管やリンパ節がひしめき合っている場所に位置するため、近くの臓器や組織だけでなく、脳や骨といった遠くの臓器や組織にまで遠隔転移することもあります。遠隔転移をしている場合は、外科手術による治療が難しくなります。

食道がんのステージ(進行度)は、がんの深さ・広がりにより下記のように分類されます。

ステージ

状態

ステージ0

がんが粘膜内に留まっており、周囲のリンパ節に転移がない。

ステージI

がんが粘膜または粘膜下層に留まっており、転移はしていない(Ia期)。がんが発生した箇所付近のリンパ節にわずかに転移がみられる(Ib期)

ステージII

がんが筋層を超えて深く進行しており、食道の外側にわずかにでている。食道付近のリンパ節にのみ転移がみられる

ステージIII

がんが深く進行しており、食道の外側に大きくでている。食道から少し遠くに位置するリンパ節にも転移がみられる

ステージIV

がんが食道周囲または遠く離れた臓器や組織にも転移している。胸膜・腹膜へ転移がみられる

ステージIは早期がん、ステージII以降は進行がんと分類されます。

がんの浸潤と転移の相関

がんのステージは、T因子、N因子、M因子により決定されます。T因子はがんがどれほど深部に浸潤しているかを示します。N因子はリンパ節への転移、M因子は他臓器への転移です。

ステージ(病期)は単に腫瘍の大きさを示したものでなく、「そのがんが治りやすいか」も反映しています。

ステージ0期ではEMR(内視鏡的粘膜切除術)やESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などが行われます。また治療後食道が狭まる(狭窄)可能性が高い場合は放射線治療などが行われます。

Ⅰ期では、がんは食道局所に留まっており、外科手術、または放射線治療と化学療法の併用療法が行われます。Ⅱ期、Ⅲ期になると外科手術、放射線治療と化学療法の併用療法、または両者を組み合わせた治療法が行われます。

Ⅳ期では、がんが全身に広がっているため、基本的には外科手術は行わず、化学療法、放射線治療と化学療法の併用療法、放射線療法、緩和ケアなどが行われます。

食道がんの転移には、血行転移とリンパ節転移があります。血行転移は、がん細胞が血管内に侵入し肺、肝臓、骨、副腎、脳などに転移します。リンパ節転移は、リンパ管内に侵入しリンパ節に転移します。転移する場合、がんはまず食道の近くのリンパ節に転移します。その後リンパ管を通り全身のリンパ節へ転移します。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。