咽頭がん

咽頭という臓器について

咽頭は、上咽頭・中咽頭・下咽頭に分けられます。

咽頭がんについて

咽頭がんは飲酒と喫煙が危険因子とされています。

咽頭がんというと、喫煙者に多いというイメージがあるかもしれません。しかし、咽頭がんにも種類があり、ウイルスや貧血といったわたしたちが普段がんと結び付けて考えないようなものが原因のこともあります。

こちらのページでは、咽頭がんについて詳しく知らないという方のために、咽頭がんの種類や原因、症状、治療法などについてわかりやすくまとめています。

咽頭とは鼻の奥から食道までの、食べ物と空気の通り道のことを指します。咽頭は部位によって上咽頭・中咽頭・下咽頭の3つに分類されています。

そして、それぞれの部位にできたがんを、上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がんと分類しています。

咽頭がんの発症は男性が多い

これは、咽頭がんのなかでも発症数の多い下咽頭がんの原因が、飲酒量の多い人やヘビースモーカーに発症しやすいことによる影響と考えられます。

咽頭がんは早期発見できれば完治が可能なこともありますが、初期症状がほとんど現れないことが多く、何らかの自覚症状がみられるようになったときは、がんがかなり進行してしまっているということも少なくありません。

下咽頭がんについては、目立った初期の自覚症状がないために、がんが進行して初めて気付くというケースが多くみられます。咽頭がんの治療には手術、放射線療法、化学療法があります。上咽頭がんでは、その部位が複雑なため一般的に手術は行われず、放射線療法と化学療法が主体となります。中咽頭がん、下咽頭がんでは、個々の症例やステージによって、手術・放射線療法・化学療法などの治療法を選択することになります。

がん保険の資料請求ランキング
(5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。