喉頭がんの症状

喉頭がんの症状

喉頭がんの代表的な症状は下記です。

  • 声のかすれ・声枯れ
  • のどの痛みや異物感
  • 血痰
  • 首のしこり
  • 呼吸がしにくい
  • 食べ物が飲み込みにくい

喉頭がんは、がんが声帯に生じる声門がん・声帯より上に生じる声門上がん・声帯より下に生じる声門下がんの3つに分類され、それぞれ症状の出方が異なります。

声門上がんの症状

喉頭蓋(こうとうがい)と呼ばれる食物を飲み込むときに気管に蓋をする器官の辺りにがんができると、声門上がんと診断されます。

声門上がんは声帯の上のほうにがんができるため、声のかすれや声枯れなどの症状は現れにくいのですが、のどの違和感・異物感・のどの痛みなどの症状が現れることがあります。

頸部リンパ節 (首のリンパ節)に転移をした場合は、首を指で触った時にしこりを感じることもあります。

声門がんの症状

声帯にがんができると声門がんと診断されます。がんが声帯にできることで、初期の段階から声のかすれ・声枯れといった症状が現れます。このため、声門がんは早期がんの状態で見つかることが多いといわれています。

声門下がんの症状

声帯の下や気管の上部にがんができると、声門下がんと診断されます。

声門下がんは初期症状が現れにくく、早期がんの状態で診断されることが少ないという特徴があります。

がんが大きくなると空気の通り道が狭くなり、呼吸が苦しくなるといった症状が現れます。

喉頭がんが進行した場合にみられる症状

喉頭がんが進行すると、嚥下(えんげ)障害や呼吸困難などの症状がみられることもあります。嚥下障害とは、飲食物を飲み込むのが難しくなることをいいます。また、がんによって気道が狭くなることから呼吸困難が生じるようになります。

呼吸困難が悪化すると、気管を切開して管を挿入し、そこから換気が得られるようにしますが、気管切開後は声が出なくなってしまいます。

さらに、がんの末期には気管切開などをしていなくても、がんにより声帯が動かなくなり、声が出せなくなってしまうことがあります。

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。