膀胱がんの原因とリスク

膀胱がんの原因とリスク

膀胱がんは下記のようなことが原因とリスクになると考えられています。

喫煙(たばこ)

喫煙者は膀胱がんの発生率が高いことがわかっており、たばこを吸う人は吸わない人の約2~5倍膀胱がんになりやすいといわれています。

特定の職業

染料に含まれる化学物質(芳香族アミン)が、膀胱がんの原因になりうるとされており、現在は、この化学物質の製造と使用が禁止されています。しかし、現在でも、化学物質に触れる機会が多い人は膀胱がんを発症するリスクがあります。

その他の要因

一部の精神安定剤・解熱鎮痛薬・抗がん剤などの薬物の使用、放射線治療に伴う膀胱の被ばくなども膀胱癌の原因となるといわれています。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。