膀胱がんの症状

膀胱がんの症状

膀胱は骨盤内に位置している臓器で、腎臓でつくられた尿を一時的にためておく役割があります。膀胱にできるがんを、膀胱がんといいます。

膀胱がんによる症状で多いのは血尿と膀胱刺激症状(頻尿、排尿時痛、残尿感)です。膀胱がんの代表的な症状は以下の通りです。

  • 血尿
  • 頻尿
  • 排尿時痛
  • 残尿感

膀胱がんのもっとも代表的な症状は血尿

膀胱がんのもっとも代表的な症状が血尿です。尿路結石や膀胱炎による血尿であれば、痛みや不快感を伴うのが通常ですが、中高年以降で、まったくつらい症状がなく肉眼的血尿が出るような場合には膀胱がんを考える必要が出てきます。

突然の血尿と自然止血を繰り返し、次第に血尿がでる時間が長くなるような経過をたどることが多いですが、血尿が固まって尿道につまってしまった場合には、排尿できない状態(尿閉)になり、下腹部緊満のため救急外来に受診するような状態になります。腫瘍の中の血管というのは非常に脆く、正常な血管ではないことから容易に破綻し、このような症状がでます。

膀胱炎と症状が似ている膀胱がんもある

また、もうひとつの代表的な症状が膀胱刺激症状(頻尿、排尿時痛、残尿感)です。「膀胱炎と言われて抗生物質を飲んでいるけれど、なかなか治らない。」など、難治性の膀胱炎と思ってずっと治療をしていたものの、実は膀胱がんであったことが後からわかる、といったケースあります。

抗生物質を飲んで、膀胱炎がすっかりよくなったにもかかわらず、血尿だけ出つづけるような場合には、膀胱がんの検査を受ける必要があります。多くの場合、腹部超音波検査、腹部CT検査といった画像検査と合わせて、膀胱鏡検査(胃カメラのような内視鏡を尿道から入れて観察する検査)を行うことになります。

膀胱がんが進行したときの症状

膀胱がんが非常に大きくなった場合には、膀胱にほとんど尿がためられなくなり、著しい頻尿になることがあります。また、尿の出口である尿管口ががんによって塞がれてしまった場合には、尿が交通渋滞を起こして水腎症と呼ばれる状態になります。水腎症になると腎臓にかかる圧が高くなるため、腰痛が出現します。

また、尿がうっ滞しているところに細菌が繁殖すると、腎盂腎炎を起こし40℃近い熱が出ることもあります。尿管口の閉塞が片方だけであれば、腰の痛みや、腎盂腎炎を起こす程度ですが、両側とも閉塞してしまうと腎不全になり ます。

膀胱がんの治療

多くは表在性のがんなので、早めに発見して治療をすれば、おなかを切るような大手術をする必要はありません。膀胱がんが疑われる場合、まずは内視鏡手術で切除を試みて、診断と治療を同時に行うことが一般的です。

膀胱がんが膀胱の筋肉にまで達してしまっているときは、膀胱全摘術を行います。この際、必要に応じて術前後に化学療法(抗がん剤)を追加します。

その他の局所治療として、BCG療法、動注化学療法、放射線療法などがあります。肺やリンパ節に転移をしてしまっている場合は、化学療法(抗がん剤)による治療が必要となります。

まとめ

  • 膀胱がんの主な症状は、血尿と膀胱刺激症状(頻尿、排尿時痛、残尿感)です。
  • 「見た目でわかる血尿が出たけれども、尿路結石などのように痛みが無い」といった場合には膀胱がんの可能性があります。
  • 「膀胱炎と思って治療しているけれど、なかなか改善しない」といった場合にも、膀胱がんを考える必要があります。
  • 膀胱がんは早期発見すれば、内視鏡手術で根治可能なことも多いですので、気になる症状がある場合は泌尿器科を受診しましょう。

膀胱がんに関する相談

尿蛋白と血尿について

<40代前半男性からのご相談>

昨年の健康診断で尿蛋白(+)と血尿(+2)が陰性になっていました。病院(内科)で再検査(尿検査)したところ、健康診断と同様の内容が出ました。病院の先生は、特にウィルスに侵されているわけではないので、一過性の物でしょう、と言われました。病院からは、特に薬の処方とか治療はありませんでしたが、再度診察または、何かしたほうが良いでしょうか?

膀胱の悪性腫瘍

<40代前半女性からのご相談>

先月の16日血尿があったので18日に泌尿器科を受診しました。2週間後検査の結果膀胱の悪性腫瘍と診断されました。ステージ1と言われました。今月7日に手術日を決め25日に手術をしていただく予定になっております。1度目確認できた血尿から今日目で確認できる血尿があり出血の色も少し濃かったです。腫瘍があるから仕方ないのでしょうが手術迄不安で仕方ありません。左側に腫瘍があるねですが、左側の足の付け根から少し上のところがシクシク痛んだりするのですが、その痛みは病気が関係してますか?腫瘍はどれくらいの期間でどれだけ大くなりますか?私のところに腫瘍の大きさは2㎝と言われています。

膀胱癌は何回も繰り返すのでしょうか

<20代後半男性からのご相談>

父(77歳)が膀胱癌になり、膀胱鏡でガン切除の手術をしました。三ヶ月毎に通院し再発を調べていくとのことですが、半年後に再発が見つかりまた同じ手術をすることになりました。今後、今回のように何度も再発、手術を繰り返すのでしょうか。完治する可能性はないのでしょうか。今の所転移はないと言われています。

大動脈瘤の今後の治療について

<40代前半女性からのご相談>

膀胱がんが20年ほど前に発見され、それ以降2年に1度のペースで再発し、そのたびに手術をしています。5年前に肝臓にがんが転移。手術で摘出しました。
その3か月後の診断で、胸と腹に大動脈瘤が発見され、緊急性を要するとのことで胸の方を手術しました。手術後の経過は良好です。
その後、新たながんが発見されることはなく、半年に一度の大きな検査も、今年から1年に一度になりました。
とはいえ、お腹の大動脈瘤の存在が気になっています。
発見からすでに4年半ほど経過していますが、そのまま放置していても血管は問題ないのでしょうか?
がんの治療含め、13年ほど同じ病院にお世話になっているので、別の病院に相談したことはありませんが、違う視点で検査した方が良いことはありますか?

>膀胱がんに関する医療相談をみる

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。