甲状腺がんのステージ・病気の進み方

甲状腺がんの病期分類

甲状腺がんの病期(ステージ、病気の段階)の分類方・悪化の仕方は、がんの種類により異なります。

甲状腺がん患者の約90%を占める乳頭がんの場合には、進行がゆるやかで生命に影響を及ぼす可能性が低いという特徴があります(転移しても致命的になりにくいといわれています)。

低い確率ですが悪性度の高い未分化がんに変化することもあります。

未分化がんは、進行が急激でほとんどの患者さん診断から半年以内に亡くなるいわれています(読者をむやみに怖がらせない)乳頭がん、濾胞がんなどから変化して発生することが知られています。

髄様がんのうち、多発性内分泌腫瘍症という病気の一部として家族性に現れる場合では、1か所ではなく甲状腺全体にがんが多発する傾向があります。悪性度はさまざまです。

濾胞(ろほう)がんは、濾胞性腺腫という良性の病気との見分けが難しいといわれています。乳頭がん同様、進行が緩やかなタイプですが、や骨などに遠隔転移しやすいという特徴があります。

このほか、甲状腺には低分化がんや悪性リンパ腫が発生することがあります。

甲状腺がんのステージ・進行度

甲状腺がんの病期(ステージ、進行度)は、がんの大きさや広がり・リンパ節への転移の有無・甲状腺から遠く離れた臓器への転移の有無により分類されます。

<がんの大きさや広がり>

T1:甲状腺を包む膜を超えず、最大径が2㎝以下のがん(さらに1㎝を超えるかどうかでT1a, T1bに分けられる)

T2:甲状腺を包む膜を超えず、最大径が2~4㎝のがん

T3: 甲状腺を包む膜を超えず、最大径が4㎝以上のがん。もしくは甲状腺の外に少しだけはみ出しているがん。

T4:甲状腺を包む膜を超えて、隣接する組織や臓器(脂肪や筋肉、喉頭、気管、食道、反回神経)に広がっている場合(さらに広がりの範囲によってT4a, T4bに分けられる)

ただし、未分化がんの場合、大きさに関係なく、

T4a:甲状腺内部に限られる未分化がん。

T4b:甲状腺を包む膜を超えて広がっている未分化がん。

の二つに分類されます。T1の未分化がんは存在しません。

<リンパ節への転移>

N0:甲状腺からのリンパ液が流れ込むリンパ節(所属リンパ節という。具体的には頸部リンパ節と上縦隔リンパ節)に転移がない。

N1:所属リンパ節への転移がある。どのリンパ節に転移しているかにより、N1aとN1bに分類される。

<甲状腺から遠く離れた臓器(遠隔臓器)への転移>

M0:甲状腺から遠く離れた臓器への転移がない

M1: 甲状腺から遠く離れた臓器への転移がある

甲状腺のがんは、血液に乗って肺・骨・肝臓に転移したり、リンパ液の流れに乗ったりしてリンパ節や肺に転移しやすいといわれています。

乳頭がんおよび濾胞がんの場合の病期(ステージ)分類

乳頭がんおよび濾胞がんでは、患者が45歳以上かどうかによって、病期(ステージ)分類が異なります。

病期分類

乳頭がんおよび濾胞がん(45歳未満)

乳頭癌および濾胞がん(45歳以上)

たとえば、60歳で、乳頭がんの最大径が3㎝(T2),リンパ節転移がなく、甲状腺以外の臓器への転移もない場合、病期(ステージ)はⅡということになります。遠隔臓器への転移があれば、がんの大きさに関係なく、病期(ステージ)はⅣということになります。

髄様癌の病期(ステージ)分類

髄様癌

未分化がんの病期(ステージ)分類

未分化がんは大きさに関係なくT4となり、発見された時点で病期(ステージ)はⅣになります。

未分化がん

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。