耳のがんの症状

耳のがんの症状

耳のがんの代表的な症状は以下です。

  • 耳の痛み
  • 血液や膿を含んだ耳だれ
  • 難聴・耳鳴り・耳の圧迫感
  • めまい
  • 吐き気・嘔吐
  • 顔面の麻痺

がんが耳にできると、耳の痛み・血や膿の混じった耳だれ・難聴・耳鳴り・耳の圧迫感などが現れることがあります。

身体のバランス感覚を司る三半規管が影響を受けると、めまい・吐き気・嘔吐などを生じることもあります。

がんが進行し、顔面の神経にまで及ぶと、顔面の麻痺がみられることもあります。

耳のがんはどのようにして症状をきたすのか

がんのことを調べていると、浸潤(しんじゅん)という言葉が出てきます。耳慣れない言葉ですが、次のように考えるのがよいでしょう。

まず、腫瘍(しゅよう)つまりできものができます。しかし、単なるできものとがん=悪性腫瘍は異なり、がんは正常な細胞に染み込んで広がっていきます。この広がっていくプロセスが浸潤です。

さて、がんが浸潤すると炎症を起こします。炎症を起こせば痛み膿が出ますし、出血がある場合もあります。また、がんが大きくなれば、耳の本来のはたらきを邪魔することになります。

難聴になることもありますし、三半規管などバランスをつかさどる部分が邪魔されれば平衡感覚に問題が生じます。

耳の奥は顔面神経に近いため、そこを圧迫されると、顔面の神経がつかさどる機能が邪魔され、顔面の麻痺が出現することになります。

がん保険の資料請求ランキング
(5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。