皮膚がん

皮膚がんについては、あまり身近ながんというイメージがないかもしれません。しかし、日本で皮膚がんにかかる人が年々増加傾向にあります。

皮膚がんは早期発見できれば、治る可能性が高いといわれています。ですから、早く異変に気付いて病院での治療を受けることが大切です。

このページでは、皮膚がんの種類や症状、また、治療方法などについて解説します。

皮膚について

人間の身体の表面は皮膚に覆われており、表面から表皮→真皮という構造になっています。

皮膚がんについて

皮膚がんは紫外線が最大の発生因子とされており、近年増加傾向にあります。早期の皮膚がんであれば治る可能性は高いといわれています

日本ではあまり聞かれることがなかった皮膚がんですが、最近では皮膚がんにかかる人が年々増加増しています。その主な要因として高齢化が挙げられます。

血液や身体の臓器の一部にできるがんと違って、皮膚がんは外から見えるがんなので、早期発見が十分に可能ながんでもあります。ですから、発見してすぐに病院を受診すれば十分に治療できる可能性が高くなります

しかし、皮膚がんはしみやホクロとも間違いやすいので、皮膚がんができているにもかかわらず気付かなかったというケースも少なくありません。ですから、できているしみやホクロの大きさ形、感触の変化に気付いたら、皮膚がんの可能性があるので、早めに皮膚科で診てもらうようにしましょう。

皮膚がんの治療

皮膚がんの治療としては、軽いものであればがんができている部分を切除するだけで治ることも少なくありません。しかし、悪性度の高い皮膚がんや切除だけで治療が難しい場合は、抗がん剤による化学療法や、放射線療法が行なわれることがあります。

皮膚がんの予後は、皮膚がんの種類によって大きく異なりますが、早期発見できれば悪性度が高いものでも5年生存率が高くなります。

そのため、ホクロやしみなどができた場合には、皮膚がんの可能性も視野に入れて皮膚科を受診するのがお勧めです。

がん保険の資料請求ランキング
(5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。