悪性リンパ腫の種類と分類

悪性リンパ腫は大きく分けて、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分類されます。日本の悪性リンパ腫では、非ホジキンリンパ腫が約90%大半を占め、ホジキンリンパ腫は約10と少数です。

悪性リンパ腫はホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分けられますが、さらに細かく分類されます。悪性リンパ腫がどの種類に分類されるかで、悪性度や治療法が異なります。

非ホジキンリンパ腫の特徴

日本では悪性リンパ腫の約90が非ホジキンリンパ腫です。

症状として、全身のリンパ節の腫れや肺に挟まれた縦隔にあるリンパ節の腫れ、腹腔内のリンパ節の腫れが現れることが多いですが、腫瘍が大きくなると、全身にさまざまな症状が現れます。

非ホジキンリンパ腫はさらに大きく分けて、T細胞型とB細胞型に分類されます。さらに悪性リンパ腫の形・進行スピード・悪性度などにより、30種類以上に分類されます。

非ホジキンリンパ腫は非常に種類が多いのですが、日本ではB細胞型が約7080%と大半を占めます。

悪性リンパ腫はリンパ節にできることが多いのですが、非ホジキンリンパ腫である場合には、約30%でリンパ節以外の臓器や組織でがんが見つかります。日本では特に胃に発生しやすいという特徴があります。

60歳以上で発生のピークを迎えますが、20代や子どもに発生することもあります。

ホジキンリンパ腫の特徴

日本では悪性リンパ腫の約10がホジキンリンパ腫です。症状として、頸部リンパ節の腫れが現れることがもっとも多く、進行しても頸部リンパ節の腫れ以外には症状が全くないケースが多いという特徴があります。

20歳代~30歳代の若い世代と、40歳代~50歳代で発生のピークがあります。

増える悪性リンパ腫

悪性リンパにはホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫がありますが、ここから下はリンパ腫という言葉で、患者数の多い非ホジキンリンパ腫を指します。

日本では、リンパ腫胃で見つかることが多いのですが、原因としては、ヘリコバクター・ピロリという胃潰瘍の原因菌が胃のリンパ腫に対して影響しているためと考えられています。胃潰瘍は日本人に比較的多い病気です。

リンパ腫にかかる患者さんは増加傾向にあります。こうしたデータは、患者さんの数が増大したという側面と病気が見つかるようになったという側面をともに持ちます。

どちらがどの程度影響しているかということについて定見はありませんが、患者さんの数増大した要因としては生活スタイルが西洋化していること、病気が見つかるようになった要因としては検査の技術や病気に関する研究が進んだことが挙げられます。

リンパ球のなかにはT細胞とB細胞がありますが、前者は異物を直接殺すヒットマンであり、後者は異物を排除する抗体を作る細胞です。

このうち、どちらの細胞ががん細胞化するかでリンパ腫は大別することができます。日本人は、抗体を作るB細胞に関するリンパ腫が多くなっています。

悪性リンパ腫の種類と分類

悪性リンパ腫は大きく分けて、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分類されます。日本の悪性リンパ腫では、非ホジキンリンパ腫が約90%大半を占め、ホジキンリンパ腫は約10と少数です。

悪性リンパ腫はホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分けられますが、さらに細かく分類されます。悪性リンパ腫がどの種類に分類されるかで、悪性度や治療法が異なります。

非ホジキンリンパ腫の特徴

日本では悪性リンパ腫の約90が非ホジキンリンパ腫です。

症状として、全身のリンパ節の腫れや肺に挟まれた縦隔にあるリンパ節の腫れ、腹腔内のリンパ節の腫れが現れることが多いですが、腫瘍が大きくなると、全身にさまざまな症状が現れます。

非ホジキンリンパ腫はさらに大きく分けて、T細胞型とB細胞型に分類されます。さらに悪性リンパ腫の形・進行スピード・悪性度などにより、30種類以上に分類されます。

非ホジキンリンパ腫は非常に種類が多いのですが、日本ではB細胞型が約7080%と大半を占めます。

悪性リンパ腫はリンパ節にできることが多いのですが、非ホジキンリンパ腫である場合には、約30%でリンパ節以外の臓器や組織でがんが見つかります。日本では特に胃に発生しやすいという特徴があります。

60歳以上で発生のピークを迎えますが、20代や子どもに発生することもあります。

ホジキンリンパ腫の特徴

日本では悪性リンパ腫の約10がホジキンリンパ腫です。

症状として、頸部リンパ節の腫れが現れることがもっとも多く、進行しても頸部リンパ節の腫れ以外には症状が全くないケースが多いという特徴があります。

20歳代~30歳代の若い世代と、40歳代~50歳代で発生のピークがあります。

増える悪性リンパ腫

悪性リンパにはホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫がありますが、ここから下はリンパ腫という言葉で、患者数の多い非ホジキンリンパ腫を指します。

日本では、リンパ腫胃で見つかることが多いのですが、原因としては、ヘリコバクター・ピロリという胃潰瘍の原因菌が胃のリンパ腫に対して影響しているためと考えられています。胃潰瘍は日本人に比較的多い病気です。

リンパ腫にかかる患者さんは増加傾向にあります。こうしたデータは、患者さんの数が増大したという側面と病気が見つかるようになったという側面をともに持ちます。

どちらがどの程度影響しているかということについて定見はありませんが、患者さんの数増大した要因としては生活スタイルが西洋化していること、病気が見つかるようになった要因としては検査の技術や病気に関する研究が進んだことが挙げられます。

リンパ球のなかにはT細胞とB細胞がありますが、前者は異物を直接殺すヒットマンであり、後者は異物を排除する抗体を作る細胞です。

このうち、どちらの細胞ががん細胞化するかでリンパ腫は大別することができます。日本人は、抗体を作るB細胞に関するリンパ腫が多くなっています。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。