悪性リンパ腫の原因とリスク

悪性リンパ腫の原因は、いまだはっきりとは解明されていないのが現状です。

しかし最近では、EB(エプスタイン・バー)ウイルス・ヘリコバクター・ピロリなどのウイルスや細菌への感染が原因ではないかと考えられています。

遺伝子の変異や染色体異常から、遺伝性があるともいわれています。

悪性リンパ腫の原因

悪性リンパ腫の原因についてはっきりしたことはわかっていません。何か特定の原因があるというよりは、さまざまな原因が考えられています。

たとえば、特定の化学物質や放射線などの影響が考えられます。近年では、細菌やウイルスが原因であるという考え方も力を持ってきています。

胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌やC型肝炎ウイルスなども原因として挙げられています。

ただ、そうした原因の候補と悪性リンパ腫を直接結び付けるような強い証拠はない、ということです。

正常な細胞に対して、できの悪い細胞であるがん細胞が生まれてくるときに、そのがん細胞を免疫が殺せなくなることで、がんになります

細胞を生み出すはたらきに何度も傷をつける事態が生じると、イレギュラーな細胞が生み出される率が高くなっていきます。

リンパに対して、化学物質や放射線細菌やウイルスがダメージを与えることでがん細胞が生まれ、免疫で処理しきれなくなるとがんになってしまうというわけです。

明確に何かひとつが原因というわけではないため、生活習慣を改めたり、原因物質を避けたりすることは難しいですが、その分、日常の健康管理や定期的ながん検診が重要になってくるのです。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。