悪性リンパ腫の検査・診察・診断

悪性リンパ腫の検査

悪性リンパ腫では下記のような検査を行います。

  • 触診
  • 生検(せいけん)
  • 骨髄検査・腰椎穿刺
  • 腫瘍マーカー検査
  • CT検査・MRI検査・超音波検査

触診

悪性リンパ腫の症状としてもっとも多いのが、リンパ節の腫れやしこりです。触診では、医師が実際に腫れやしこりの状態を触って確認し、大きさや個数などを調べます。

生検

悪性リンパ腫の検査でもっとも重要なのが生検です。生検では、腫れたリンパ節組織の一部を採取し、顕微鏡でがんであるかどうかを調べます。がん細胞が確認されれば、悪性リンパ腫と診断されます。

一度の生検でがん細胞が確認されない場合は、経過を観察しながら複数回にわたり生検を行うケースもあります。

生検を行うことにより、がんであるかどうかの他にも、できたがんの種類や悪性度が分かり、治療方針を決定することができます。

骨髄検査・腰椎穿刺

悪性リンパ腫は中枢神経や骨髄へ浸潤するケースがあるため、骨髄検査・腰椎穿刺などを行って骨髄や腰椎の組織の一部を採取し、がんが浸潤していないかどうか調べます。

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカー検査とは血液検査の一種ですが、悪性リンパ腫になると血液中のCRP・LDH・可溶性インターロイキン2受容体(sIL2‐R)という物質の数値が上昇します。しかし、悪性リンパ腫であっても数値が上昇しないこともあるため、あくまでも診断の判断材料のひとつとして用いられます。

CT検査・MRI検査・超音波検査

悪性リンパ腫が疑われる場合には、CT検査・MRI検査・超音波検査などの画像検査で、全身をくまなく調べ上げます。身体を輪切りにした画像を撮影することにより、リンパ節の腫れやむくみ、その大きさ、腫瘍ができている場所などを調べることができます。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。