悪性リンパ腫治療後の注意点

悪性リンパ腫の治療後再発する場合、ほとんどが2年以内に起こるとされています。逆に治療後3年間再発をしなければ、再発率は非常に低くなり、治癒しているとみなすことができます。

悪性リンパ腫の再発率は種類によりさまざまですが、再発を予防するために、治療後も定期的に抗がん剤の投与を行うことがあります。また、血液検査やCT検査などの定期検査も必要になります。

悪性リンパ腫の再発リスクをどう考えるか

再発したときの治しやすさについては、一度目の治療がどんなものだったかによってもかなり異なってきます。したがって、悪性リンパ腫にかかったとき、治療した後には再発のリスクについて医師と十分に話し合う必要があります。

悪性リンパ腫のタイプによって、再発のリスクも再発したときの対処も大きく異なるため、事前に医師と協力し合える体制をつくっておくべきです。

抗がん剤や放射線治療が非常に効きにくいタイプの悪性リンパ腫に比べると、一度治療ができたということはもう一度同じ治療を実行すればいという希望があります。もちろん、再発した場合にタイプが異なっている場合もあるため、再発の際には細胞組織を調べ直して治療することになるでしょう。

悪性リンパ腫の治療後に再発する場合、ほとんどが2年以内に起こるとされていることから、悪性リンパ腫と診断され、一度治療を終えてから3年はかなり再発を意識して検査を行う必要があります。

 

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。