白血病の症状

白血病は急性であるか慢性であるかによって、症状が異なります。

慢性白血病では、初期の段階では症状はほとんど出ないことが多く、健康診断などで白血球数の異常により偶然発見されるケースが多くあります。

白血病の代表的な症状

白血病の代表的な症状は下記です。

  • 出血傾向(アザ)・発熱・貧血
  • 動悸・息切れ・めまい
  • 全身倦怠感・体重減少・腹部膨満感・寝汗
  • リンパ節の腫れ
  • 腹部の腫れ
  • 骨や関節の痛み
  • 吐き気・嘔吐

白血病の種類別の症状

白血病はその種類により、上記の症状のなかでもどの症状が現れるのかが異なります。

急性白血病・慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病のそれぞれでみられる症状を解説致します。

急性白血病の症状

急性白血病では、骨髄中の血液細胞が分化する過程で幼な細胞ががん化することにより、異常な血液細胞が血液中にあふれ出し、全身にさまざまな症状が現れます。

代表的な症状が、出血傾向・発熱・貧血です。

出血傾向とは、出血しやすくなるという意味で、血液細胞の一種である血小板が減少することにより、血が止まりにくくなり、鼻血や歯茎からの出血・アザなどがみられます。

特にアザは、健康なでも体をどこかに強くぶつけると内出血をしてアザができますが、白血病の方の場合、体をぶつけたわけでもないのに複数か所にアザができたり、アザが非常に治りにくかったりするといった特徴があります。

また、正常な白血球が減少することにより免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染することによって発熱したり、赤血球減少することによ貧血などがみられたりします。

他にも異常な血液細胞が全身をめぐることにより、リンパ節の腫れ・腹部の腫れ・骨や関節の痛み・頭痛・吐き気・嘔吐など、さまざまな症状が現れることがあります。

慢性骨髄性白血病の症状

白血病が慢性の場合には、初期の段階では急性のようにはっきりとした症状が現れないケースが多く、自覚症状が乏しいという特徴があります。

慢性骨髄性白血病は、適切な治療をしないと数年後に急性に移行し(急性転化)、急性白血病と同じ症状がるようになります。

慢性リンパ性白血病の症状

慢性リンパ性白血病は高齢者に多くみられ、進行がゆっくりで症状も自覚しにくいという特徴があります。慢性リンパ性白血病では、リンパ節の腫れがみられることがありますが、痛みがないことが特徴的です。

ある程度病状が進行すると、免疫力や食欲の低下により、全身倦怠感・体重減少・寝汗・微熱などの症状が現れることもあります。

慢性リンパ性白血病は他の白血病に比べて進行が緩徐で、病状に変化がみられず症状も安定している場合には、経過観察だけでまったく治療を行わない場合もあります。

慢性リンパ性白血病は、慢性骨髄性白血病とちがい、急性転化することはほとんどありません。

15歳以下の子どもが発症する小児白血病

白血病のなかでも15歳以下の子どもが発症するものを「小児白血病」と呼びます。

国立がん研究センターによると、子どもに生じるがんのなかでも白血病は全体の約38%と、もっとも多い病気です。

※国立がん研究センター小児がん情報サービス「がん登録・統計」を元に再作成

 

小児白血病の約70%は「急性リンパ白血病」で、約25%は「急性骨髄性白血病」です。

残りの少数は、慢性骨髄性白血病や骨髄異形成(いけいせい)症候群、若年性骨髄単球性(たんきゅうせい)白血病などが占めます。

※国立がん研究センター小児がん情報サービス「がん登録・統計」を元に再作成

 

小児白血病は、成人に比べてはるかに治療後の予後がいという特徴があります。

小児白血病の症状

小児白血病の多くは急性白血病です。症状は大人の急性白血病と似ており、具体的には、下記のような症状がみられます。

  • 紫斑(しはん:あざのこと)や鼻出血(びしゅっけつ)などの出血傾向
  • 発熱
  • 顔色不良
  • リンパ節の腫れ
  • 骨や関節の痛み

大人とちがって子どもの場合は、自分で体の不調をうまく伝えることができないために、なかなか気づかれない場合も少なくありません。

しかし、白血病を発症していることを示す何らかのサインはあ、その異変に大人が早く気付いてあげられるかが早期発見のカギを握ります。

とくに転んだなどの思い当たる原因があるわけでないのに体にたくさんアザができてい、20分以上も経過するのに鼻血がなかなか止まらない、といった症状は小児白血病の代表的な症状です。

また、38℃くらいの熱が出てなかなか下がらないという場合「風邪かな」と思って受診したら白血病だったということや、普段は元気に走り回っているような子が、ぐったりとしてい「おかしい」と病院に連れて行ったら白血病と診断されたということもあります。

そのため、子どものちょっとした異変を「大したことないだろう」と片づけるのではなく、「おかしい」と気付いて病院を受診することが大切です。

小児白血病は、早期発見で完治も可能な病気であるため、小さなサインでも見逃さずに病院を受診するようにしましょう。

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。