乳がんの症状。注意するべき症状とは

乳がんの代表的な症状

乳がんはセルフチェックすることができるがんです。

そのため、乳がんになると乳房にどのような症状が現れるのか、自分で知っておくことがとても重要です

乳がんの代表的な症状は下記です。

  • しこり
  • 皮膚のひきつれ・えくぼ
  • 乳頭からの分泌液

しこり

乳がんの症状として、もっとも多いのがしこりです。

痛みを伴わない硬い消しゴムのような感触であることが多いです。

しこりが悪性の場合は、境界がわかりづらく、指で押してもしこりが逃げないことが特徴的です。

乳房内にがんの腫瘍ができた場合は、乳房にしこりができ、の下のリンパ節にがんが転移している場合は、の下にしこりを感じます。

ただ、乳房や脇の下にしこりができたら必ず乳がんというわけではなく、乳腺症・線維腺腫といった良性の病気である可能性もあります。

皮膚のひきつれ・えくぼ

乳房にできたがんは、根が生えたように周辺の組織浸潤するため、乳房表面にひきつれができたり、少し陥没したようなえくぼがみられたりすることがあります。

乳頭からの分泌液

がん組織の中には破れやすい血管が多く生えており、血管が壊れることで血が出て、乳頭ちくびから分泌液が出ることがあります。

血液が混じっているような茶褐色の分泌液血性乳汁)である場合は注意が必要です

乳房の皮膚の変化

乳がんのなかには、乳頭や乳房の皮膚に炎症やただれを引き起こすものがあります。乳房パジェット病や炎症性乳がんが該当します。

乳頭がただれたように赤く腫れている場合や、乳房の皮膚が赤く炎症していて痛みやかゆみを伴う場合は注意が必要です。

乳がんのようで乳がんではない疾患

乳がんの特徴的な症状は、上記ように乳頭から分泌物が出ることや、しこりに触れることなどが挙げられますが、乳がんとは異なった同じような症状の疾患もあります。主に以下の疾患が該当します。

乳腺症

主な症状は、しこり・乳頭からの分泌液・乳房の痛みです。

長期間にわたり乳腺が増殖と萎縮を繰り返した結果、しこりなどが生じる病気です。しこりは触るとよく動き、弾性があり、硬さは柔らかい場合から硬い場合までさまざまです。触ると痛い場合もあり、多くの場合は両方の乳房に同時に起こります。

月経とともに症状が変化することも特徴です。経過観察することが多いですが症状が強いときには治療を行う場合もあります。

乳腺炎

主な症状は、しこり・乳房の赤みや痛みです。授乳中に起こることや、傷などから細菌が侵入して起こることあります。

線維腺腫

主な症状は、しこりです。若年女性に多い良性の腫瘤です。乳がんよりも柔らかくて弾力性がある、触るとよく動くしこりが特徴です。

先天性陥没乳頭

主な症状は、乳頭の陥没です。乳頭が陥没した状態になっているもので、乳腺と乳管の未発達が原因と考えられています。

乳管内乳頭腫

主な症状は、しこり・乳頭からの分泌液です。乳管内に、腺細胞が乳頭状に増殖する良性腫瘍で、血の混じった分泌液が乳首から出て見つかることが多い病気です。悪性との区別が難しいこともあります

乳腺嚢胞

主な症状は、しこりです。乳房に分泌物が袋状にたまる病変で、小さいものであれば自然消滅することもあります。

以上のように乳がんと同様の症状を持つ疾患は複数あり、なかには乳がんと見分けがつきにくいものもあります。そのため、乳房や乳首に違和感がある場合は、早めに乳腺外科医に診てもらうことが大切です。

    がん保険の資料請求ランキング
    (5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。