乳がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

乳がんは5年生存率が比較的高く、予後の良いがんと言えますが、手術後5-10年の晩期に再発する人がいることも知られています。

乳がんのステージ分類

乳がんの広がりを検査して進行度を分類したものをステージ分類(病期分類)といいます。

ステージ分類は乳房内のしこりの大きさ(T)、リンパ節転移の程度(N)、他の臓器への遠隔転移の有無(M)によって構成されています。TNM分類とも呼ばれます。

UICC(国際対がん連合)による TNM分類の他、日本では日本乳癌学会の乳癌取り扱い規約によるTNM分類がよく用いられます。

乳がんの5年生存率

※ ステージとは、「がんの進行度合」という意味です。

※ 5年生存率とは、「がんと診断された人の中で5年後に生存している人の割合」という意味です。

※ 5年相対生存率とは、 「がんの人とがんではない性別と年齢が同じ人の5年後の生存率を比べた割合」という意味です。乳がんのステージごとの5年生存率をお示しします。

これは公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計'15」全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年生存率(2004~2007年診断例)および10年相対生存率(1999-2002初回入院治療症例)より引用したものです。 

ここで5年生存率と10年生存率では症例の年度や施設や数が違うため単純に比較できないことに注意してください。

データは女性の乳がんのみです。ステージ0はありません。

これは最初の手術でがんが全て取り除かれている人が、その後5年間再発なしに生存している割合になります。なのでステージIVは含まれません。

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。