卵巣がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

卵巣がんの病気の進み方

卵巣がんは、どちらか片方の卵巣にがんが発生し、その後、もう片方の卵巣に転移するケースがよくみられます。

卵巣に発生したがんは周囲の組織に浸潤していき、まずは近くにある卵管・子宮・膀胱・直腸などへ広がります。骨盤内にあるリンパ節への転移もします。

さらに腹腔内(お腹の中の空間)や肺、肝臓など、遠い組織や臓器へ遠隔転移します。

卵巣がんのステージ・進行度

卵巣がんのステージ(進行度)は、がんの大きさ・広がり・転移の有無により、下記のように分類されます。

卵巣がんのステージ分類

I

がんが卵巣内に留まっている。Ia → がんが片方の卵巣内に留まっている。Ib → がんが左右両方の卵巣内に留まっている。Ic → 卵巣内にがんは留まっているが、卵巣被膜が破れたり卵巣表面に腫瘍がある。腹水にがん細胞が確認できる

II

がんが卵巣を越えて、卵管や子宮など骨盤内の臓器や組織に広がっている

III

がんが骨盤内だけでなく、上腹部にも転移している。またはリンパ節に転移している

IV

がんが肺・骨・肝臓など離れた臓器や組織に転移している

卵巣がんでは、ステージI~IV期までがんの病巣部位を切除する外科療法が行われることが一般的です。

ステージI・Ⅱ期では、手術により完全に切除できるケースが多いですが、III・IV期になると、完全に切除できるケースは少なく、化学療法と併用しながら治療を進めます。

 

  • メディカルノート
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。