腟がんの症状

腟がんの代表的な症状

腟がんの代表的な症状は下記です。

  • 不正出血
  • 性交時の出血・痛み
  • おりものの異常
  • 腟異物感

腟がんの症状として、もっとも多いのが不正出血です。

腟にがんの腫瘍ができると正常な組織を浸潤するため、病変部が出血し、不正出血が起こります。

不正出血は、肉眼で確認できる場合もあれば、肉眼では確認できないほど少量の場合もあります。また、性交時の痛みを伴うこともあります。

また、おりものに血が混じったり、悪臭を伴なったり、おりものの異常がみられるケースもあります。

腟がんは初期の段階では無症状なことが多い

腟がんの症状として、もっともよくみられるのは月経周期に無関係の不正出血です。

他にもおりものの異常や性交時の痛み・出血といった症状がみられることがあるものの、腟がんは初期の段階では無症状ということが少なくありません。

そのため、子宮頸がんの検診などを受けることでたまたま腟がんが見つかったというケースが意外と多いのです。そのため、定期的に子宮頸がんの検診などを受けることは、腟がんの早期発見に役立つこともあります。

20歳を過ぎると、地方自治体から子宮頸がんを含むがん検診を促す通知が送られてくるかと思いますが、平成25年に行われた国民生活基礎調査によると、子宮頸がん検診の受診率は約40%といいます。

特に体調が悪いなど何らかの自覚症状がない限り、検査を受ける必要を感じない人もいるかもしれませんが、腟がんのように初期の段階では自覚症状がほとんど現われないがんがたまたま見つかるということもありますから、検診は定期的に受けるようにすることが早期発見には欠かせません。

検査を無料、もしくは低価格で受けることができる機会ですので、ぜひ、そのような検診を活用してみてください。患者さんや地域によって検査費用は異なるため、事前に確認しましょう。

がん保険の資料請求ランキング
(5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。