外陰がんの症状

外陰がんの代表的な症状

外陰がんの代表的な症状は下記です。

  • しこり
  • 潰瘍・出血
  • 疼痛(とうつう)
  • 外陰部のほてり・かゆみ
  • 激しい痛み
  • おりもの

外陰がんでは外陰部にがんができるため、がんの腫瘍がしこりとなって現れます。

しこりといっても大きく盛り上げるようなものよりも、平たく硬くなるタイプのしこりが多く、気づきにくい場合があります。

また、周囲の組織を浸潤するため、潰瘍や出血もみられることがあります。そのため、疼くような痛み(疼痛)を感じるケースも多いです。

また、かゆみが続く場合やほてる感じ(灼熱感)が続く場合も注意が必要です。外陰がんだけでなく、他の外陰部の疾患の可能性もあります。

他にも、排尿の際に外陰部に尿が触れると激しく痛む場合や、おりものに血液が混じるケースもあります。

外陰部は身体の外側にあるため症状が現れやすいと思われがちですが、症状はそれほどわかりやすいものではないことや、恥ずかしさから受診をためらう方が多いことから、発見されたときにはすでに進行がんになっているケースも多く見受けられます。異常を感じたら、すぐに婦人科を受診することが大切です。

外陰がんの前がん病変に気付き、早めの対応を

外陰がんを患う女性のなかには、初期症状を自覚しない方もいるようです。

自覚できる場合は上記のような諸症状が現れますが、そのころには、すでにがんが進行している場合が多いです。そのため、悪化する前にがんの前触れである前がん病変(外陰上皮内腫瘍:VIN)にいち早く気付くことが大切です。

外陰がんの前がん病変として、見た目の異変が起きます。

具体的には、外陰部に茶色、白色、灰色、灰白色、赤色、褐色の斑点が生じてきます。また、表面に隆起も見られることがあります。最終診断には組織検査を必要とします。

病巣が小さければ切除したり、レーザーで消し去ったりすることができます。

外陰がんの症状は、その他の外陰部疾患とも似ているため、専門医でなければ正確に見極めることは難しいと思われます。

そのため、外陰部に何らかの違和感が生じた場合は自己判断で対応せず、産婦人科専門医を受診し、前がん病変の段階から対応を開始することが大切です。

外陰がんと似たような症状がみられる外陰部の病気

外陰部のトラブルすべてが外陰がんというわけではありません。なかには、外陰がんと間違えやすい病気もあります。

外陰がんと間違えやすい外陰部のトラブルには次のようなものがあります。

ナプキンや下着によるかぶれ

ナプキンやおりもの専用シート、また通気性の悪い下着を身に着けることで外陰部に痛みやかゆみが生じることがあります。

ナプキンやおりもの専用シートはこまめに替える、下着はコットン100%などの通気性のよいものを身に着ける、といったことで解消することができます。

腟炎

腟内が細菌やかびなどに感染し、炎症を起こした状態のことです。

症状としては、おりものの増加や悪臭、かゆみ、ヒリヒリ感などがあります。

大腸菌などによる細菌性腟炎、カンジタ菌によるカンジタ腟炎、トリコモナス原虫によるトリコモナス腟炎などが有名です。

ナプキンやおりものシートを当てたままにしたり、風邪や疲労、ストレスなどで免疫力が落ちていたりすると腟炎は起こしやすくなります。

治療では、腟座薬や軟膏、内服薬が用いられます。

外陰掻痒症(がいいんそうようしょう)

原因が特定できない外陰部のかゆみを総称して外陰掻痒症と呼びます。

抗ヒスタミン薬や副腎皮質ホルモン(ステロイド)が配合されたクリームなどでかゆみを抑えます。

性器ヘルペス

ヘルペスウイルスに感染したことで、外陰部に水泡や潰瘍ができる病気です。水泡が潰れると潰瘍になり、強い痛みが生じます。性感染症のひとつとして知られています。

抗ウイルス薬による治療を行いますが、点滴や内服薬、外用薬などが用いられます。

バルトリン腺嚢胞・バルトリン腺炎

バルトリン腺とは、腟口部にある分泌腺で、ここに細菌が入って炎症が起きた状態をバルトリン腺炎、粘液の出口が詰まって粘液が溜まった状態をバルトリン腺嚢胞といいます。

バルトリン腺嚢胞では腟口の周りにしこりができますが、炎症などが起きていなければ痛みはありません。

バルトリン腺炎は、腫れて痛みを伴うため、抗菌薬を処方するほか、膿が溜まる場合は切開して排膿することがあります。

尖圭(せんけい)コンジローマ

HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染が原因でイボ(乳頭腫)ができる病気です。

イボは、子宮頸部・大・小陰唇や腟前庭、尿道口、会陰、肛門のまわりや肛門内、腟などのさまざまな部位にできます。

大きさは数mm程度~数cmのものまでさまざまで、かゆみや痛みを伴うこともあります。

治療法としては、レーザーや電気メスなどによる切除のほか、外用薬の使用などもあります。

再発することもあるため、根気よく治療を続けていくことが大切です。

がん保険の資料請求ランキング
(5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。