早期がんと進行がんの違い

がんの進行度は、がんの種類にもよりますが、一般的には、がんがどこまで浸潤しているかということと、他の臓器やリンパ節に転移があるかどうかによって決まります。

たとえば胃や大腸などの消化管にできるがんの場合、胃壁や腸壁の粘膜および粘膜下層までにがんがとどまっている場合を早期がんと呼ぶことが一般的です。

早期がんと進行がんの違い

がんの種類によっても異なりますが、早期に発見・治療開始できれば、治癒できる可能性があります。

一般的には、がんの広がりや転移の有無によってがんのステージ(病期)分類をします。

たとえば胃がんの場合、がんが胃壁のどこまで浸潤しているかがステージ分類を決めます。胃壁は、内側から粘膜・粘膜下層・筋肉層、そして外側の漿膜という4層で成り立っていますが、このうち早期といえるのは粘膜および粘膜下層にとどまっているがんです。

さらにステージ分類には、リンパ節転移の有無もかかわってきます。たとえば粘膜~粘膜下層までにとどまっている胃がんで、リンパ節転移がひとつも認められなければ、ステージとしてはもっとも早期のⅠAとなります。

一方、組織の深くまで進行すればするほど、またリンパ節転移の数が増えれば増えるほどがんのステージは上がります。

たとえば胃がんでは、漿膜を越えて胃の外に飛び出し、他の臓器にまで達している場合には、多くがⅢ期に分類されます。さらに血液やリンパに乗ってがんが遠くまで運ばれる遠隔転移を起こすと、いずれのがんであってもステージとしてはⅣ期となります。

ちなみに、がんには0期というごく早期のステージもあります。これは非浸潤がんや上皮内がんと呼ばれるもので、ごく浅い層までにとどまっているがんです。

早期がんのうちに発見するためには、検診が大切

がんを治癒させるためには、早期がんのうちに発見することが非常に重要です。がんの種類によって初期症状がない、あるいは少ないものもあるため、早期発見するためには定期検診を受ける必要があります。

進行がんになると、手術ができなかったり、できたとしても切除範囲が広く回復に時間がかかってしまったりする場合がありますまた、術後の再発リスクも上がる可能性があります。

ぜひ早期がんのうちに発見できるよう日ごろから検診の意識を高めましょう。

    がん保険の資料請求ランキング
    (5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。