抗がん剤の基本

抗がん剤について

がんを治療する場合は、手術療法・化学療法・放射線療法の三大療法が中心となります。化学療法が行われる場合は抗がん剤が主に使われ、がんの種類や病状に応じて抗がん剤の種類も選択されます。

抗がん剤にはさまざまな種類があり、薬剤の特性に応じて、分子標的薬、代謝拮抗薬、白金製剤、アルキル化薬、抗がん性抗生物質、トポイソメラーゼ阻害薬、微小管阻害薬、ホルモン剤、その他があります。

抗がん剤は、がん細胞の増殖を抑える作用があります。また、薬剤が血液に乗って体をめぐることから広範囲のがん細胞を攻撃することも可能です。

したがって、局所的な腫瘍のみならず、転移したがんや白血病などの血液のがんに対して有効です。なお、体の特定の部分に抗がん剤を注入する方法もあり、その治療法は、局所療法とも呼ばれます。

また、抗がん剤は治療のうえで補助的に使用されることがあり、手術療法の前に腫瘍を小さくする術前化学療法や、手術後の再発防止を目的とした術後化学療法がしばしば行われます。

その他、転移などにより手術が不可能である場合に延命や症状の緩和を目的に抗がん剤が使用されることもあります。

抗がん剤はその作用の強さからがんに高い効果を示しますが、同時に正常な細胞も攻撃してしまい、その結果、吐き気や脱毛といった副作用が生じてきます。

したがって、高齢者など体力に問題がある患者さんには抗がん剤治療が適さない場合もあります。しかし、近年では分子標的治療薬と呼ばれる薬剤の開発も進んでおり、より副作用の少ない薬剤が期待されています。

    がん保険の資料請求ランキング
    (5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。