がんの基礎知識

よく耳にする「がん」という病気ですが、そもそもどういった病気なのか、どのような治療をするのかなど、詳しくご存じの方は非常に少ないと思います。

その反面、「がんは死ぬ病気」や「抗がん剤で長い苦しみが続く」など、ほんの一部分のみをとらえた間違ったイメージが先行してしまい、誤解している方が多いのも事実です。

このページでは、がんについての知識が少ない方々のために、がんとはそもそもどういった病気なのか、わかりやすく解説しています。

がんとは

がんと聞くと、テレビドラマや映画などで悲劇のシーンとして扱われることも多く、大変な病気という印象を持たれるかもしれません。

また、多くのがんは高齢になるほど発症しやすい傾向があり、日本の高齢化によって、がんの罹患率は上昇しています。さまざまな要因が関連して、近年の日本人の死因1位はがんとなり、がんによる死亡者数も年々上昇しています。しかし、がんのなかには早期に発見することで完治するものもあります。

がんという病気は、遺伝子の突然変異によりがん細胞が発生して増殖していくことで進行していきますが、実は健康な人の体でもがん細胞が日々発生しています。しかし、身体には免疫細胞が存在しており、がん細胞は発生するたびに駆逐されています。

ところが、何らかの原因による免疫力の低下や加齢によってがん細胞が生き残ることがあり、そのまま増殖して周辺臓器に広がったり血液に乗って遠隔臓器へ移ったりして進行していきます。ただし、進行には年月がかかります。そのため、がんが小さいうちに治療することで、完治を目指すこと可能になっています。

それでは、がんが小さいうちに治療を始めるにはどうしたらよいでしょうか。ひとつは検診を受けて早期のがんを発見すること、もうひとつは初期症状に注意することです。がんの中には無自覚のまま進行するものもありますが、症状が現れるものもあります体調の変化に日頃から注意すること早期発見のために大切です。

なお、がんの種類によっては、男女間で発生率が異なっているため、性別に応じた症状に注意することが大切です。また、がんそのものを予防することも大切で、がんを予防するための生活習慣が提唱されています。

がん治療においては早期発見が治療の成功を大きく左右する

がん治療においては、がんの早期発見が治療の成績を大きく左右します。しかし、「気付いたときには手遅れだった」というケースがみられる理由としては、がんは初期の段階では無症状、もしくは症状に乏しいいうことが少なくないからです。

たとえば、 内臓にできたがんの中には、出血や強い痛みなどの症状がみられる頃には進行しています。ですから、がんの早期発見には、定期的に検診を受けること大切です。また、体重減少や疲労感、痛みといった症状が、がんの初期症状という場合もあるため、身体の小さな変化にも敏感であるようにしましょう。

男性と女性とでは罹るがんに違いがみられる

50代頃から罹患率が高くなるがんですが、男性と女性とでは罹りやすいがんに違いがみられます。日本人男性の罹患数が多いがんには、胃がん肺がん前立腺がん大腸がん肝臓がんなどがあります日本人女性の罹患数が多いがんは、乳がんや大腸がん、胃がん、肺がん、子宮がんです。

これは、男性と女性の身体の違いに加えて、生活習慣の違いも関係しています。このような理由から、がんの定期検診では、男性と女性でそれぞれに合った検査メニューが準備されています。

    がん保険の資料請求ランキング
    (5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。