がんの治療費

がんの治療は、高度な医療機器や専門技術が必要になるケースが多く、他の病気に比べ治療費が高くなりがちです。

しかし、がんの治療といっても保険適用内では3割負担であり、また、高額療養費制度も適用されることがあるため、実際はそれほど高額ではないケースも多いです。

こでは、がんの治療費についてご説明します。

がんの治療費

がんの治療には高度な医療技術が用いられるため、薬剤や診療機器に関連する費用がかかり、総じて他の疾患よりも高額になる傾向があります。

それでも、多くのがん治療は3割負担の健康保険が適用されるため自己負担で全額を支払うケースはあまりありません。3割負担でもがんの治療が高額になることがありますが、その場合は高額療養費制度を活用することで費用を抑えることができます。

高額療養費制度は、治療費が高額になった場合に認定証の提示など条件を満たすことで、治療費が一定額を超えた場合に超過分を支給してくれるという制度です。

ただし、先進医療での治療や診断を受ける場合は健康保険でも高額療養費制度でもカバーすることができず、その場合は全額自己負担になるため、支払い高額にならざるを得ません。

保険でカバーできない理由は、新しい医療技術認可るスピードが遅いからであり、今後もこの傾向は続くとられています。

先進医療にはさまざまな種類がありますが、そのなかでも2016年6月に厚生労働省が報告した先進医療の実績報告では、陽子線治療や重量子線治療が比較的多く受けられていることがわかります。陽子線治療も重量子線治療も先進医療であることから治療費は高額になります。また、提供される施設によって費用は異なり、事前に確認が必要です。

そのほかの先進医療はその種類によって費用が大きく異なりますが、高額であることは変わりありません。

なお、標準治療内であっても、がん治療に関わる費用のすべてが保険適用されるわけではありません。標準治療内の診察や検査については保険適用されますが、食事代や入院生活に関わる雑費、差額ベッド代等は全額自己負担となるため、留意が必要です。

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。