がんの種類別ステージと5年生存率

がんのステージ

がんはがんの進行度合いから、ステージというクラス分けがされます。ステージ0~ Ⅳまであり、現在の状態がどのステージに属するかで選択される治療法が異なってきます。

また、ステージによって治療後の5年生存率も大きく異なってきます。5年生存率というのは、がんの治療開始から5年後生存している人の割合のことをいいます。テージが進めば進むほど、5年生存率も低く(悪く)なっていきます。

がんの種類によって5年生存率は大きく異なり、がんの治療後の予後や、がんの悪性度を知るためのひとつの指標になります。

がん治療が成功したかどうかは、一般に予後と呼ばれる状態で表現され、具体的には治療を開始してから5年後に生存している患者さんの比率である5年生存率で判断されます。

がんの5年生存率

5年生存率には2種類あり、そのうちのひとつである5年実測生存率とは、がんの治療を始めた人の中で5年後に生存している人の割合を意味し、もうひとつの5年相対生存率は、がんの人とがんではない性別と年齢が同じ人の5年後の生存率を比べた割合を意味します。

がんは進行するごとに5年生存率が低下していきますが、生存率の値自体はがんの種類によって異なります。がんの種類によって5年生存率が大きく異なり、そしてがんの進行に伴う同生存率の低下具合も異なってきます。

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。