がんの検査と診断

がんはその種類により、診断方法や用いる検査技術が異なります。職場の健康診断なでよく行われる胸部X線レントゲン検査ですが、肺がんの検査としても役立てられています。

このページではがんの種類別にどのような検査が行われ、どういった診断方法があるのか、詳しく解説します。

がんの検査・診断

がんの種類に応じて、血清腫瘍マーカー超音波検査など、さまざまな検査方法でがんの疑いがあるか調べます。がんの可能性がある場合は、がん細胞の存在を確定する細胞診や生検が行われます。細胞診では尿や痰からがん細胞を検出し、生検では直接組織を採取してがん細胞を確認します。

細胞診や生検でがんが確定された場合は、がんの進行度(ステージ)を調べます。がんのステージは、リンパ節への転移や遠隔臓器へ転移しているかなどによって決定されます。がんの診断や検査では、主に次の方法が行われます。

  •    問診
  •    視触診
  •    血液(血清腫瘍マーカー測定)
  •    X線検査
  •    超音波検査
  •    CT検査
  •    MRI検査
  •    内視鏡検査
  •    細胞診
  •    生検
  •    PET検査(※スクリーニングでは保険適応外)

各臓器に応じた適切な検査方法が行われます。たとえば、前立腺がんの検査では、前立腺がんの腫瘍マーカーとして利用されるPSAの血中量を計測してがんの可能性が探られます(PSA検査)。そのほか、がんが骨に転移しているか確認するため骨シンチグラフィー検査が行われたりします。

以上のように、がんの診断や検査はさまざまな方法や観点から行われますが、患者さん自身がしっかりと理解して治療方針に合意することが大切です。

もし、主治医の説明不足していると感じられたり治療方針に納得できなかったりする場合は、第三者の専門家に意見を伺うセカンド・オピニオンを利用することもできます。

慢性骨髄性白血病

慢性リンパ性白血病

がん保険の資料請求ランキング
(5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。