がんの治療

現在のがん治療は、日進月歩です。

がんでは、おもに、外科療法・化学療法(抗がん剤)・放射線療法といった治療法があります。また、それ以外にも、レーザー療法や免疫療法、ホルモン療法などあります。

ここでは、がんのおもな治療法や最新治療法、今後期待されている治療法などをご説明します

がんの治療法一覧

  • 外科療法(外科手術)
  • 放射線療法
  • 化学療法(抗がん剤)
  • レーザー療法
  • 免疫療法
  • 温熱療法
  • ホルモン療法
  • 凍結療法
  • 光免疫療法
  • 支持療法

がんには、おもに、外科療法、放射線療法、化学療法という3つの治療法があります。がんの種類や進行度に応じて、さまざまな治療法が検討されますが、基本的には上記の治療法を中心に行います

外科療法は、がんの病巣を物理的に切除する方法で、もっとも効果的な治療法といわれています。放射線療法では、病巣部位にX線などの放射線を照射することでがん細胞を死滅させます。化学療法では、抗がん剤を投与し、薬剤の作用によってがん細胞を死滅または減少させます。

近年では新たな治療法も注目を集めてきました。それが、免疫療法と呼ばれる治療法です。免疫療法は、体がもともと有している免疫力を増強することによってがん細胞を駆逐する治療法で、従来の治療法と比較して副作用が少ないことが特徴です。

上記の他に、以下の治療法が病状に応じて検討されます。

レーザー療法

内視鏡の先からレーザー光線を照射することでがん細胞を焼き切ります。外科療法よりも身体への負担が軽いことがメリットです。また、血液内に、がんに集積する物質を入れ、レーザー照射を行うなどの方法もあります。

温熱療法

がん細胞は熱に弱いという性質を利用して、全身または体の一部を加熱することでがん細胞を弱体化させます。

ホルモン療法

乳がん、子宮がん、前立腺がんのように特定のホルモンによって引き起こされるがんに対して有効です。原因となるホルモンの分泌を抑える薬剤を投与します。

凍結療法

がん細胞を凍結させて壊死させる治療法です。死滅したがん細胞は時間の経過とともに体から排除されます。

支持療法

病気に対する直接の治療法ではなく、がん患者さんが抱える精神的、身体的苦痛を和らげる療法です。患者さんの生活の質を維持・改善することが目的となります。

    がん保険の資料請求ランキング
    (5月集計)をご紹介

  • チューリッヒ生命
  • メットライフ生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。