がん(癌)の初期症状一覧

がんの初期症状とは

がんを早期発見するためには、初期症状を見逃さないことが大切ですがんの種類によっては初期症状がほとんどない、もしくはまったくないものもあります

がんを早期に発見するためには、なるべく軽度な状態で症状に気づくことが大切です。がんの種類によって症状の出方異なります。以下は、代表的ながんの症状の一例です。

しこり

たとえば、乳がんの特徴的な症状しこりを感じることです。ご自身で触れて確認することが可能です。そのほか、甲状腺がんも喉周辺にしこりが出ることが特徴です。

出血の影響が見られる

がんが身体内に発生すると出血が起こるため、出血による影響が現れるようになります。たとえば次のような症状が見られるようになります。

便の色が異常

たとえば大腸がんが発生すると、腸内の出血によって血混ざった便が出るようになります。胃がんなどによる上部消化管からの出血は、黒色便(タール便)を認めることもあります。

血尿

腎臓や膀胱などの泌尿器にがんが発生すると血尿が現れます。

血痰

肺がんの場合、気管支や肺組織の出血により血痰が見られます。

貧血、めまい

白血病などの血液疾患、胃がんや大腸がんからの出血の症状として見られます。

体重の減少

多くのがんで見られる症状です。体重減少が著しい場合は、何らかの器官にがんが発生している可能性があります。また、がんのリスク要因として主に挙げられているのが、食生活の乱れ・運動不足・過度のアルコールや喫煙など生活習慣に関することです。

さらに、年齢が上がるほどがんの発生率が高まる傾向があるため、加齢もリスク要因のひとつとして挙げられます。

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。