ピロリ菌除菌中のアルコール・たばこ・コーヒー摂取について

ピロリ菌の除菌の成功率は、一次除菌で約70%といわれています。

一次除菌に失敗した場合、二次除菌を行うことになりますが、二次除菌を行うことで除菌の成功率は約90%にまで上げることができます。

ピロリ菌除菌成功のカギは、除菌薬を忘れずに服用するということと、除菌薬の効果を低下させるものの摂取を控えることにあります。

ピロリ菌除菌中に控えるべきものには、何があるのでしょうか。

除菌中に控えたほうがよいもの

ピロリ菌の除菌中に控えたいものとして、アルコール類があります。

アルコールについては特に二次除菌の除菌期間中に控えるようにといわれることが多いのですが、それは除菌薬との相性が悪いからです。

アルコールには胃酸の分泌を促すはたらきがあり、胃酸によって除菌薬の効果自体を低下させる恐れがあるため、一次除菌中か二次除菌中かにかかわりなく控えるようにしましょう。

ただし、一次除菌率はアルコール群と非アルコール群で差がないことが論文で示されています。

除菌中のたばこ・コーヒー摂取について

ピロリ菌の除菌中に、他に控えたいものとして、たばこやコーヒーがあります。

たばこやコーヒーを控えるべき理由にはどんなものがあるのでしょうか。

たばこ

原則としてピロリ菌除菌中のたばこはNGです。

実際に、喫煙者よりもそうでない方のほうがピロリ菌の除菌成功率が高くなることが分かっており、胃に負担を与えるたばこは、ピロリ菌除菌中は控えるようにしましょう。

もし、どうしても我慢できないという方は、ニコチンガムなどでイライラを紛らわせるなどして、禁煙を成功させるよう工夫してください。

コーヒー

コーヒーもピロリ菌の除菌期間中には避けたいものです。コーヒーは、アルコールと同様、胃酸の分泌を促し、除菌薬の効果を低下させてしまうからです。

カフェイン抜きのコーヒーであるカフェインフリーのコーヒーでも胃酸の分泌は促されることが分かっているため、除菌期間中は、カフェイン入りかカフェイン抜きかにかかわりなく、コーヒーの摂取は控えるようにしましょう。

紅茶や緑茶、ココアなどは、ピロリ菌除菌中でも飲むことに問題がないため、除菌期間中はコーヒーの代わりにこれらを飲むとよいでしょう。

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。