腎盂・尿管がんの症状

腎盂・尿管がんの症状としては、以下の2つが代表的です。

無症候性肉眼的血尿

たとえば膀胱炎(ぼうこうえん)などで血尿が出る場合、排尿痛や残尿感などの症状も伴いますが、尿路にできたがんの場合は他の症状を伴わず血尿のみが現れる(無症候性肉眼的血尿)ことが一般的です。尿路にできるがんで、もっとも多いものは膀胱がんであり、まず膀胱がんの可能性を疑って検査を行います。

片側のわき腹・腰・背中の痛み

腎盂・尿管がんが進行すると、尿管がふさがれることで、腎臓の中に尿がたまってしまう水腎症という状態になります。本来、腎臓の腎実質でつくられた尿は、腎盂に一時的に集まったあとで、尿管を通って膀胱へと運ばれます。しかし、腫瘍や血液などで尿管が詰まってしまうと、尿が下に流れなくなり、腎盂にとどまってしまうのです。

このような水腎症になると、がんがある側の腰や背中、わき腹などに痛みを生じます。進行のゆるやかな水腎症の場合、症状が出ないこともありますが、急性の場合は尿路結石に似た激しい痛みが出たり消えたりします。最近は、人間ドックや健康診断などで受けた腹部超音波検査で、偶然に水腎症が発見されるケースも増えています。

一度でも血尿がみられたら、早めの受診を

上記のように、腎盂・尿管がんの症状はいくつかありますが、なかでも多くの患者さんにみられる一番わかりやすい症状は、血尿です。ある日突然、血尿が出るとびっくりしてしまいますが、一度でも血尿がみられた場合は決して放置せず、泌尿器科を受診することを強くおすすめします。

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。