頭頸部のがんの症状

頭頸部がんの症状は、どこの部位にがんが発生したかによって大きく異なります。自覚症状が現れる部位もあれば、そうではない部位もあります。

ここでは、頭頸部のがんの種類である口腔がん、咽頭がん、鼻腔がん、唾液腺がん、甲状腺がん、聴器がん、喉頭がんといったそれぞれの種類でどのような症状が現れるのか、ひとつずつ解説したいと思います。

頭頸部

口腔がん

口腔がんでは、がんになる前に現れる病変があります。口腔内に白い病変が生じる白斑症、または赤い病変が生じる紅斑症というものです。

これらは前がん病変といわれるものであり、発生している場合には病院で診断・治療することが必要です。

また、口腔内に硬いしこりが発生するのも初期症状のひとつです。その他、歯のぐらつき、口腔内の悪臭、口腔内からの出血、痛みなども口腔がんの症状として起こりえます。

口腔がんの初期症状は口内炎に似ていますが、口内炎の場合は2週間ほどで完治することがほとんどです。2週間以上経っても口内炎が治らない場合は、口腔がんの可能性もあるため病院を受診されることをお勧めします。

咽頭がん

食事や唾液を飲み込むときの痛み・飲み込みにくさ、のどの痛みや異物感、声のかすれ等が生じます。上咽頭の場合は頸部腫瘤や耳症状、鼻症状等から気づかれることもあります。

咽頭がんが進行すると、食事がのどを通らないほどになってしまうこともあるため、のどの違和感がなかなか取れない場合は病院を受診しましょう。

鼻・副鼻腔がん

初期には症状がないこともありますが、腫瘍が鼻・副鼻腔で大きくなると、周辺の組織を圧迫するため痛みや、鼻づまり、出血、眼球の突出などの症状が現れます。

唾液腺がん

最初に現れる自覚症状は、耳の下や顎の下のしこりや腫れです。症状が進行していくと痛みや顔面神経麻痺が現れてきます。しこりや腫れが現れた場合には病院で診断してもらうとよいでしょう。

甲状腺がん

甲状腺がんの代表的な症状は首の腫れです。病院で甲状腺がんと診断される方のなかには、首の腫れを自覚して来院する方もいれば、無症状で、検診などで指摘されて来院する方もいます。

聴器がん

主な症状は、耳の痛み、出血、耳だれ、聴力の低下などです。

喉頭がん

喉頭がんのなかでもっとも多い声門がんの初期症状は声がれで、ほぼすべての方に現れます。声がれの症状が長引く場合は、病院で診てもらう必要があります。

他にも、食事をするとのどに痛みを感じる、異物感がある、といった症状が出ることがあります。

頭頸部のがんに関する相談

首に現れた数個のコリコリが痛い

<50代前半女性からのご相談>
2014年9月にマッサージで強く風池を押され心配になり整形外科へ行き首のレントゲンを看護師に4枚撮られ(看護師も不要なレントゲンだと思い私に撮らなくても良いけれど!どうするか?と訪ねられたが私は、断ると前回と同じく笑われると思い無言でレントゲン4枚撮影を受けた。)その日の夜に肋骨の下の骨膜がプクーと膨らみパチンと弾ける感覚があり、その後、全身が2日間激痛で寝返りも出来ないほど肋骨など痛かった。
激痛が治り、病院へ行くと白血球が3000まで下がっていた。頭皮には赤いブツブツが少し出来ていた。
スネの神経?もなぜか痛かった。右胸にも青い血管が浮かび痛みが脇まである。そして半年経った頃に舌が絡まり呂律が1年程回らなくなった。皆にも指摘された。また半年経った頃に舌が痛く白くなった。また、半年経った頃に首の何かがクルクルとひっくり返る感覚があり、食事の時に食べ物が鼻に上がるような変な感覚が始まった。そして、今年に入り首のリンパがいくつもコリコリと痛みが始まった。疲れるとスネも痛くなる。
この4年の間に内科・歯科・耳鼻咽喉科・乳腺外科など年に何回も行ったが、どの病院も(レントゲンは、受けず血液検査・エコー・触診・鼻からの内視鏡検査のみ)「たぶん大丈夫だ」と言われています。
また、病院へ行っても同じように、考え過ぎと言われるのではないか?と思います。もし、首の数個のコリコリが癌だとすると、(身体に負担の無い検査で)どんな検査で確定出来ますか?分かるのでしょうか?
>頭頸部のがんに関する医療相談をみる

がん保険の資料請求ランキング
(7月集計)をご紹介

  • メットライフ生命
  • FWD富士生命
  • メディカルノート
  • メディカルノート 医療相談
本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。