がんのき・ほ・ん | 症状・原因・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

日本人の2人に1人が、一生涯の内にがん()になります。

がん(癌)の種類別症状・治療法一覧
男性特有のがん
   
女性特有のがん
     

がん(癌)という病気は日本人の死因第1位

がんは死因第1位

"がん(癌)"という病気を誰でも一度は聞いたことがあると思います。

がんは日本では死因の第1位であり、全身どこにでも発生します。そのため発見が遅れると死に至る怖い病気です。

日本では年間60万人以上にがんが見つかり、年間30万人以上ががんで亡くなっています。この数字は、がんと診断された方の約半数の患者が、がんが治っていないということを意味しています。

がん死亡率

しかし医学の発展により、がんになっても適切な治療により完治させたり、普通の人と同じように生活することも可能になってきています。すべてのがんが必ず死に至るというのは間違った認識です。

がんの治療法では、外科療法・化学療法・放射線療法の3つが、"がん治療の三大療法"と呼ばれています。

外科療法は最もイメージしやすいと思いますが、メスを使ってがんの腫瘍そのものを外科手術により取り除きます。

がんの外科手術の場合、再発や転移を防ぐために、がんの腫瘍の他に、周辺組織やリンパ節なども同時に取り除くことが一般的です。

がんが早期の内に発見できれば、メスを使わず内視鏡のみで腫瘍部位の切除をすることも可能です。

化学療法では、がんと闘う抗がん剤という治療薬を使います。嘔吐や脱毛という副作用が強いイメージがありますが、種類によって副作用の出方や効果はさまざまあります。

最近では、正常な細胞は攻撃せずがん細胞だけを集中的に攻撃する分子標的薬や、自己の免疫力を向上させてがんを消滅させる免疫療法など、副作用の少ない治療法も増えてきています。

放射線療法は、身体にX線、γ(ガンマ)線、電子線などの放射線を照射して、がん細胞を死滅させる治療法です。

身体の外から放射線を照射する「外部照射」と、体の中から照射する「内部照射」があります。どちらか一方又は併用して治療を行います。

また最近では、放射性物質を放出するカプセルを飲み込み特定の部位に放射線を照射する副作用の少ない治療法も行われています。

以上のようにがんの治療法は日進月歩で進歩しています。がんは早期に発見することで治せる病気になってきているのです!

医学的知識が全くない方のためのサイト

パソコン

がんについて解説しているサイトはインターネット上にたくさんありますが、がんについて全く知識がない方がはじめて読んでみても、内容が難しくてなかなか理解できないことも多いものです。

当サイトでは、"がんってそもそも何?"という基本的な内容から、がんの種類、症状治療法まで詳しく解説しております!

詳しくといっても「がんのき・ほ・ん」というタイトルからもわかりますように、難しい専門用語はできるだけ使わずに、子供でも理解できるようにがんについてわかりやすく解説しております!

がんについて知りたい方、がんと診断された方、何らかの形でがんと関わっている方々の少しでも参考になれば、運営会社代表である私はとてもうれしく思います。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る